スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
疾走する金太郎飴? PUFFY / honeycreeper
2007-09-29 10:02
honeycreeper

うちのガキどもにはこう教えてます。
「えーとね、右側が パー で、左側が フィー だよ」

もうね、なんつーか最近ず?っと『くちびるモーション』なんですねぇ。>通勤BGM
我ながら困ったもんでつ…。^^;

そんな中ハナクソほじりながら 「CD発売日を心待ちにするってのはいったい何時の、誰以来だろ…?」 とか思いつつソッコーで手に入れた新作アルバム。
豪華と謳われてる作曲陣も邦楽に疎い僕にはほとんどピンとこないわけですが、実際ホント、「そんなのカンケーねー!」くらい見事なまでに金太郎飴とゆーか、こんなにストレートに押しまくってばっかでいいの?ってくらいパーとフィーが疾走してます。

もうちょい脱力したヤツも欲しかったとか、13曲中4曲が既発シングルからそのまんまってのはセコいとか(笑)、ケチつけたいところはあるけど、ボクがPUFFYのどこに一番魅かれてるかっつーと、これはもう

由美たんの二の腕

なんで問題なし(笑)。
ぼかぁ、近頃になって昔のアルバムをブックオフで200円くらいで買いあさってるような、つまりこれまで彼女たちを真剣に追っかけてきたようなヲタってわけじゃないんでテキトーこいちゃいますが、

なんかしょっちゅう二の腕さらけ出してねーすか? 由美たんって。

『モグラライク』とか『オリエンタル・ダイヤモンド』とかのPV観てると、あの気持ちよさそーな二の腕をムショーに「掴んでみたい!」って衝動にかられてハァハァしちゃうんですよ。
実に困ったもんでつ…。^^;

ま、それはそれとして、

クワガタ行くぜ 行くぜクワガタ
はさんじゃうぜ はさんじゃうぜ はさんじゃうぜ♪


まったくもって“タイムリー”なこんな歌やられたんじゃあ、多少の一本調子にもこりゃ目ぇつぶるしかないわけです。クワヲタのはしくれとしては。

とーぶんはヘビロテ♡

TNX FR UR CLICK!
…なんかぜんぜん盛り上がってねーなぁ、「3億円ファイト」(笑)は。
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
スポンサーサイト
別窓 | [Rock] 本日の1枚 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
VARIOUS ARTISTS / THE BRIDGE : A TRIBUTE TO NEIL YOUNG
2006-11-11 00:53
自慢じゃないけど自慢しちゃいますが、僕は一昨日そして昨日と、

癒しの女神Kちゃんと2人っきりでドライブしてしまいますた!
※Kちゃんとは、激忙の職場における僕のマドンナ(笑)です。

まあ残念ながら(つーか当然ながら)仕事絡みのことではありますたが、彼女が他の♂同僚どもには目もくれず(?)連日僕の助手席を選んだのは偶然? それとも…
とか勝手に妄想しつつ、とくに昨日は夜!だったんでハァハァを抑えてヘーゼンを装うのにかなり苦労しますた。
でも、しかし、それでも、そのとき中年オヤジは確実に幸せですた…。

V.A / THE BRIDGE

で、僕は車通勤なんですが、この1ヶ月くらいほとんどずっとこれ(↑)聴きながら運転してます。

ここでいきなりぶっちゃけちゃいますが、僕のロック歴(笑)は、カーペンターズ→ビートルズ→産業ロック(苦笑)→ニューウェーブ(死語?)→アノラック…という変遷で、つまりはニール・ヤングなんてロクに聴いてねーんですわ。スマンネ。
だもんで89年の発売のこのトリビュート・コンピは、別にヤング翁なんてどーでもよくって、個人的にオキニだった連中が多く参加してるという、ただそれだけの理由で当時即買した1枚です。

結果“アタリ”だったわけですが、とりわけ僕の脳天にガーン!と食らわしてくれたのがSONIC YOUTH
連中が選んだのは、 Computer Age なる、ヤング翁ヲタなら唾を吐き捨てずにはおられない、駄曲の誉れ高いナンバーですが(言い過ぎスマソ…)、こいつを疾走感ありまくりにまるで我がオリジナルのごとく見事に料理してくれてます。 とにかく(・∀・)カコイイ!!
とゆーわけで、初聴以降いまに至るまで、こいつは“サイコ的・墓にまで持って行きたい曲”のひとつとしてずっとランキングをキープし続けとります。
ネットで試聴…つーか、これ書くためにちょっとググってみたところ、とりあえず1曲モロ始めから終わりまで(音はプアながら)タダで聴けるサイトがありますた。
ちょっとアドレスのっけるのは気が引けるんで、モノ好き&気が向いた御仁はぜひ探してみてください。<ちなみにあっという間に見つかります。>computer age sonic youth

あと、“オカルト坊主”率いる変態前衛集団PSYCHIC TVが演ってる、(後にかのSAINT ETIENNEもカバーしヒットさせた) Only Love Can Break Your Heart 、これもまた素晴らしかですよ。
他にもPIXIESやらFLAMING LIPSやらの佳曲がズラズラ。まあこのへんはそんだけオリジナルが魅力的ってことなんでせうけど。

とゆーことで、Kちゅわん、またドライブしようね。今度はプライベートで♡
…ああいかん、またも妄想が。

TNX FR UR CLICK!
NIKKI SUDDEN(元SWELL MAPS ← マストです!)、今年3月に死んでたんですね。全然知りませんですた…。合掌。
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
別窓 | [Rock] 本日の1枚 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
UFC?『Ultimate Beatdowns Vol.1』を(チョット)聴いてみた
2006-09-17 08:23
UFCのDVDをググってたところ、何気にコイツがひっかかってきますた。

Ultimate Beatdowns Vol.1

リデルの勝利の雄叫びジャケに誘われてamazonで試聴・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぶはははははははははははははは。
えい!これでもか、これでもか!
イカくさそうな野郎どもの暑苦しい咆哮のオンパレードはもうネタでやってるとしか思えません(笑)。
いや、そりゃ“究極格闘技”なわけだから猛々しい方向にいっちゃうのはしょうがないにしても、ここまで金太郎飴状態だと、なんつーかこのコンピの製作者は、自らのイメージ貧困ぶりを笑ってほしいんだろうな、と。
それとも、ガサツなアメリカの格ヲタはこんなのでも全然OKってことなんでせうか?(^^ゞ

つーか、そもそもメタルなんてもんは、メタルヲタ以外にすりゃ、あんなのギャグでやってるとしか思えないわけですけど(笑)。
と、他人のシュミにケチつけてる僕は、こんなヘナヘナポップが愛しくてたまらないバカモノですけど何か?

TNX FR UR CLICK!
またもや台風接近ですよ。今度こそヤバそ…。
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png

別窓 | [Rock] 本日の1枚 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
TELEVISION PERSONALITIES / AND THEY ALL LIVED HAPPILY EVER AFTER
2005-12-13 23:58
TV P'S

CDやらLPやらを漁りまくっていた10数年前には考えられないことだけど、昨日、実に数ヶ月ぶりに『タワレコ』へ。
もちろんがっつく気持ちは全然無く、単なる時間つぶしみたいなもんですたが、そこでたまたま見つけたのがコレです。

パンクに“インスパイヤー”(byエイベックス)されて77年にデビューした、Dan Tracy率いるTELEVISION PERSONALITIESは、パンクでポップでサイケでチープな、その噛めば噛むほど味が出る音が後のアーティストたちに多大な影響を与えたとされており、そして僕のスーパー・オキニであります。
このCDは今年リリースされた、過去から最近までのデモやらライブやらの音源をかき集めたシロモノ。
Danについては、正直90年代以降の作品にはそれ以前ほど惹かれることもなかったし(まあそれでも凡百の連中よりはずっとgooですたが…)、僕がロック界からほとんど足を洗った(笑)後には、“すっかりアタマがイカれちゃった”とか“ホームレスに堕ちた”とか、果ては“どうやら死んじゃったらしい”とかのよろしくないウワサ(?)を耳にしてますた。
そして近年はやたらとベスト盤やらライブ盤やらが乱発(?)されてたことを思えば、正直ちゃんとまとまったカタチで新作が出ることはもう無いのかな…とちょっと寂しく感じてたところに、“とどめ”ともとれるこのアウトテイク集ですよ。

もう完全に“終わった”のかもしれないけど、いやぁ?、しかしこの珠玉の寄せ集めのヘナチョコっぷり、よれよれっぷりはそれ系のポップヲタにはやっぱもうたまりませんわ…(感涙)。
僕はヨボヨボになっても、この不遇のカリスマの頼りない歌を聴いてるだろうな。きっと。


…と、書いたところでググってみたら、Dan、2月に実に11年ぶりのニュー・アルバムを出すらしい。
もちろんTELEVISION PERSONALITIES名義で(泣笑)。


★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング…あ、またもや格闘技ネタじゃなかったですね。
別窓 | [Rock] 本日の1枚 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
THE FALL / HIP PRIEST AND KAMERADS
2005-11-03 00:37
HIP PRIEST AND KAMERADS

実を言うと、このブログで使ってる「サイコマフィア」というネームは、この人たちの初期の曲“Psycho Mafia”からとってるんでつよ。
あーそうでつかどーでもいいでつかどーもすいません。
因みにこの曲は、SONIC YOUTHも後にカヴァーしてますた。← goo♪

マンチェスター出身のTHE FALLは、僕のロック人生(笑)を長く支えてくれた連中でつ。
偏屈野郎のマーク・E・スミスを中心に据えて77年にデビュー。
イギリスでは長く大御所として君臨し、近年のことはよく知りませんが、僕が“現役”のころはしょっちゅう所属レーベルを変えながら、まあとにかく把握困難なくらいオリジナルアルバムやらシングルやらライブ盤やら編集盤やらをリリースしまくってますた。
って、いまちょっと調べたら相変わらずみたいでつな、あのオヤジは(笑)。
90年には当時の“おまんちぇムーブメント”に便乗して(?)来日。九段会館でのなんとも愛想の無いショー、僕は九州の田舎から駆けつけて楽しみますた。

でも個人的に好きなのは、彼らの80年代前半の音なんでつね。
安っぽい音質で単調なフレーズを延々繰り返し、マークが歌う…っつーかアジるってのが当時の彼らの曲の基本パターンだけど、しかしこのフレーズがなんともカッコよくてねぇ…。琴線触られまくりでよくイっちゃったもんでつよ、僕は。

というわけで、編集盤になりまつが、とりあえずこいつを推挙しときまつ。
M?の“The Classical”ってのは、とんでもない名曲@必聴!


★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング
別窓 | [Rock] 本日の1枚 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| 新・24 hour VT People | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。