スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
リアルタイム速報!?PRIDE.34後半
2007-04-08 19:38
前半に続いて随時更新していきます。
「サプライズ」、あるなら休憩明けか?

本部長がリングイン。「前半5試合、いつものPRIDEが見えましたか?」…おざなり(?)の拍手。
そしてお決まりの「出てこいやぁ?!」で榊原たんを招き入れてバトンタッチ。
榊原たんのお別れの挨拶。「ひとつだけ実現しなかったカードがある」
と言った直後、例のテーマ曲でタイガーマスク桜庭が入場。そしてスーツ姿、涙目の田村が続く
マスク越しに桜庭の涙も見えます。
桜庭、田村もマイクで長めの挨拶。サクヲタ、Pヲタ、Uヲタにはタマランもんがあるでしょうが…(以下自粛)。
注:一応言っときますが、別に桜庭がヘロスを離脱してPに戻ってきたわけではありません。

とゆーことで「サプライズ」も終わったし、本日の興行はこれでオシマイですね。
…とか言っちゃいかんですね。(^^ゞ

<第6試合>
○青木真也(1R 、腕十字)ブライアン・ローアンユー×

そりゃ青木はいい選手だけど、本戦の後半に出てくるのはやっぱちょっと違う気がする。相手も相手だし。
たっぷり時間かけて入場してきた青木。
ローアンユーの飛びヒザを捕まえてグラウンドに引きずり込むが、パウンドを顔面に食らい一瞬ヒヤリ。
しかし2度目のグラウンドでは上をとり、ローアンユーが返すところをあっさり腕十字に捉えて順当勝ち。
青木、マイクを握るも榊原たんへの惜別のメッセージ無し。よっしゃ(笑)。

<第7試合>
×ヒカルド・アローナ(1R 1:59、TKO)ソクジュ○

さあ今大会唯一の惹かれるカードですが、ソクジュの左ヒザにデカいテーピングが。大丈夫か?
が、開始からソクジュの右ローがいい。
そのローに合わせたアローナの片足タックルを“跳ねて”こらえ、離れ際に豪快な右アッパー炸裂!ひっくり返ったアローナにパウンド追い討ちで衝撃のレフェリーストップ勝ち!
勝利のマイクも愛嬌たっぷり。

<第8試合>
×藤田和之(1R 6:37、リアチョーク)ジェフ・モンソン○

“PRIDEとUFCの全面対抗戦の幕開け”という謳い文句に従った煽りV、「これから金網の猛者たちがPRIDEにやってくる!」…そうなのかなぁ?^^;
藤田は「ダン、ダン、ダダン♪」で入場。う?ん、ちょっとクサい気がしますけど(苦笑)。
そして解説席には榊原たんが。
モンソンの愚直なまでに低いタックルをたびたび切ってぺースを掴んだかに見えた藤田だが、いったん捕まるとグラウンドでは亀になるしかない。
バックにつかれるとなす術なく首をとられてタップ。やっぱり「藤田?打たれ強さ=ゼロ」ですたな(笑)。
あはは、いきなりホームで惨敗ですよ、PRIDE陣営(…って誰か残るのか?)

閉会式。
シウバやら、ショーグンやら、五味やら、ダンヘンやら、その他多くの選手がリングインしPRIDEへの思いを語る。
そして榊原たんがマイクを握り、10年間放送を続けてくれたスカパーやら、いろんなスポンサーやら、そして選手たちへ感謝の言葉。
最後は本部長。5月のライト級GP開催をあらためて宣言。「見に来いやぁぁ!」で締め。


きっちり締めるべき立場の藤田が期待…いや、予想どおり惨敗しちゃったことで、なんか必要以上にしんみりしたフンイキになっちゃいますたね。
前向きに5月にさいたまでGPやるってのに、まるでお通夜状態…(苦笑)。
で、結局全試合1R決着だったわけですが、面子のレベルのまんま内容的には普段よりかなり薄かったかと。

でも…
「榊原たん、どもおつかれさまですた!」

TNX FR UR CLICK!
う?ん、また「人としての心」云々言われちゃいそ…。^^;
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
スポンサーサイト
別窓 | [PPV] プロ格リアルタイム速報! | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
リアルタイム速報!?PRIDE.34前半
2007-04-08 17:22
“本編”の見どころは、ソクジュの実力測定、そして藤田が馬脚を現すところくらいかなぁ…?(苦笑)
まあ今日は“特典映像”がメインですが。

15時30分からリアルタイムで随時更新していきますのでテキトーにリロードしてください。


■4月8日 さいたまSA 『PRIDE.34』

うわ?!いきなり出ますたよ、恐怖の「購入できません」が!
ようやくつながったのが15時42分。ヤバかったぁ…。(^^ゞ

ジャッジ&レフェリー紹介。
いつもより野口・島田ご両人へのブーイングに勢いがないような…。

オープニング映像。ラモーンズをバックにPRIDE過去の名場面が流れる。
入場式。第4試合の紹介まで会場はシ?ン(?)。ドン・フライの入場で初めて声援がはっきりと。
しかしPRIDEの終焉、大トリが藤田とは…。

<第1試合>
○中尾“KISS”芳広(1R 9:15、けさ固め)エジソン・ドラゴ×

中尾のタックルにあっさり倒され続けたドラゴ。身長差、リーチ差をまったく活かせず、アームロックで脅かされ続け、最後はけさ固めであっさりタップ。
やっぱとんだ一杯食わせ者だわ、コイツは…。
中尾、マイクで「榊原社長にこの勝利を捧げる」と姑息なウケ狙いも反応は…イマサン。

<第2試合>
○バタービーン(1R 2:35、アームロック)ズール×

ズールたんへの声援が少なすぎる。無理もないけど(笑)。
いきなり突進し果敢に殴り合いを挑んだズールたん。やや分が悪いと見るや投げていったんトップをとるも、お団子2個(笑)がもつれて、結局バタービーンが上へ。
そのままポジションキープしてアームロックでズールたんからタップを奪って見せますた。“バタービーン柔術”炸裂!
う?ん、僕のズールたんはこれが見納めか…。

<第3試合>
○瀧本 誠(1R 5:40、アームバー)セルグ“弁慶”ガレシック×

なんかえらく評判いい選手だそうですが、ぼかぁ自慢じゃないけど弁慶なんてぜんぜん知らねーっす(苦笑)。でもなんかよさげなフンイキ…。
タッキーは道着脱ぎますた。
オープニングの弁慶の右ハイキックに客席どよめく。
TDに成功したタッキーだが、腕十字失敗で弁慶に立たれると急に動きが鈍くなり(後でV見たら弁慶のファウルカップが顔面直撃)劣勢に。パンチの打ち合いで出血し上をとられて負けも時間の問題と思われたが、オモプラッタからストレートアームバーで逆転勝利!
嬉しい勝利のマイクは前の2試合と同じくまたも榊原たんネタ…。いいかげん飽きてきたんですが(苦笑)。

<第4試合>
×小路 晃(1R 3:46、TKO)ギルバート・アイブル○

えらい体格差なのにまたしても愚直に“四点”OK出しちゃう小路。“漢”すぎて呆れちゃうぜ、まったく…。
小路がアイブルの打撃をかいくぐりTDに成功するも、グラウンド上達(?)のアイブルの意表をついた足関技に動揺。
いったん仕掛け返したかに思えたが、上をとられてパウンドの雨を浴びたところでレフェリーストップ。

<第5試合>
×ドン・フライ(1R 6:23、TKO)ジェームス・トンプソン○

もう壊れちゃってるわけだし、「男塾」とかホントどーでもいいんですけどね…。>フライ
んで、このカードはあまりにも狙いがミエミエだし。
その期待どおりにレフェリー・チェック時にオデコといわず鼻といわず顔を激しくぶつけ合う両者。フライなんかゴング前から眉間がちょっと切れちゃってますよ(笑)。
あの高山戦みたいな我慢比べの殴り合いも見られた後、グラウンドを経て徐々にトシの差かトンプルが優位に。
最後はトンプルがフライをコーナーに釘付けにしてパンチ、ヒザで滅多打ち。明らかなスタンディングダウン状態にもかかわらず、相変わらず島田は止めない。オイオイ…。
いや、そりゃこーゆー試合も悪かないけど、これはあまりにもベタすぎてちょっと、ね。
敗者フライのマイクは、またもロコツな榊原たん賛辞。
もちろんトンプルもこれに続きますた…。(-.-)


ここで前半終了。
すべて1R決着ですっきりしてるとはいえ、レベル的にはやっぱりどーなのよ?ってカンジですな。
印象に残ったのはタッキーくらいですかね…。


TNX FR UR CLICK!
最後のバララッパ、たのんまっせ!
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
別窓 | [PPV] プロ格リアルタイム速報! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リアルタイム速報?K-1 WORLD GP 横浜(後半)
2007-03-04 17:38
再開です。 番狂わせが続いてもシュルトたんは安泰と信じたい…。


<第7試合・ヘビー級タイトルマッチ挑戦者決定戦?>
バダ・ハリ(2R 2:56、KO)ルスラン・カラエフ

なんだかよくわかんないよなぁ。王者もいないのに「挑戦者決定戦」って銘打つのもヘンだが、何よりその顔ぶれがビミョーすぎ…。
煽りV、思いっきりバダ・ハリに肩入れ(笑)。
開始からいきなりハイスピード、ハイテンションの攻防を繰り広げる両者。バダ・ハリのローが効いてるか?
2R。バダ・ハリのカウンターがルスランを捉え出すが、ルスランが鼻血で中断後に猛ラッシュ。一気に旋風に巻き込んで形勢逆転、バダ・ハリがダウン。
立ち上がったバダ・ハリに、とどめと襲いかかるルスラン。が、ここでバダ・ハリの右がカウンタードンピシャで大炸裂!
逆転の逆転KO劇でバダ・ハリがリベンジに成功。

<第8試合・ヘビー級タイトルマッチ挑戦者決定戦?>
藤本祐介(延長1R、KO)武蔵

なんでこの2人が“王者不在の挑戦者決定戦”に出れるのか?<答:日本人だから
両者とも、陣営は「前に出ろ」だが笛吹けど踊らず。
前の試合の熱を一気に奪う、予想をまったく上回ることない判定決着であっさり世代交代…と思いきやなんとドローで延長戦へ。どう見ても藤本の勝ちだろ。<因みに魔裟斗の採点では全R藤本ですた。
と、ここで角ちゃんが憤然とマイク片手にリング乱入、「両者ともこんな試合なら挑戦者資格剥奪」だってさ。
おいおい、バカかこやつは。いまさら何言ってんだよ…。
延長R、藤本の左ハイキックで武蔵が前のめりにダウンしてやっと世代交代…って、でもインパクトねーな。

<第9試合・スーパーヘビー級王者決定戦>
セーム・シュルト(2R 0:24、KO)レイ・セフォー

ここまでのところ僕が勝ちと予想した選手がなんか悉く負けちゃってますけど…、シュルトたん頼むよ?!
ああ、試合前のセレモニーがダリぃな。NHKハイビジョン特集が始まっちゃうじゃねーの。さっさと片付けておくれ、シュルトたん!
第6試合に続いて、これも30センチ以上の身長差がある試合。でもホンマンと違ってシュルトたんには入り込ませない武器がちゃんとあるからダイジョブ…
と思いきや、なんとセフォーの左フックで終了ゴングとほぼ同時にシュルトがダウンを喫す! うわぁ?僕のシュルトたん危うし!
しかし2R早々、シュルトたんのカウンター打ち下ろしの左ストレート一発でセフォーが白目むいてダウン。
そのままKOでせっかく盛り上がった場内がすっかり静かに。 わはは、ざまみろ。
ハイビジョン特集にも間に合ったし、さすがはシュルトたん♡


とゆーことで、結論はやっぱりシュルトたんサイキョっ!ですな(笑)。

TNX FR UR CLICK!
地上波、見て損はしないと思います。
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
別窓 | [PPV] プロ格リアルタイム速報! | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
リアルタイム速報?K-1 WORLD GP 横浜(前半)
2007-03-04 16:03
予告なし、気まぐれにやることにした速報です(笑)。
随時更新していきますのでテキトーにリロードしてください。

地上波をマジメに見るつもりのヲタは読まないよーに。


■3月4日 横浜アリーナ 『K‐1 WORLD GP 2007 IN 横浜』

<第1試合>
野田貢(3R、判定3?0)シリル・アビディ

相撲出身らしく(?)実直に前に出てくる野田の圧力に抗しきれず、アビディが2Rにスタンディングダウンをとられそのまま判定負け。
一応“金星”と言えるだろうけど、アビディはもう終わってるわ。ヒド過ぎ…。

<第2試合>
グーカン・サキ(1R終了、TKO)天田ヒロミ

急遽出場のサキのローになすすべなく天田がダウン。“ジャパン”の底力を発揮してくれますた(笑)。
ラウンド終了ゴング後にはへたり込んでしまいセコンドからタオル投入。

<第3試合>
アレキサンダー・ピチュクノフ(1R 2:29、TKO)堀啓

堀ってデカイのに、相変わらず全然圧力感じられないよなぁ。
後ろ回し蹴りでビックリさせられて続く左パンチであっけなくダウン。そのまま順調にダウンを重ね(笑)完敗。

<第4試合>
ザビット・サメドフ(3R、判定2?0)中迫強

「伊達男」じゃなくて“駄目男”が相応しい中迫。なんかいきなり開始ゴング前から右目を冷やしてますたが?(苦笑)
サメドフがえらく小さいにもかかわらず(7センチ、13キロ差)、今日も自分から攻めることなく気持ちで圧されっぱなしです。試合中の目はとても闘ってる男のそれとは思えない…。
ま、とにかくヘンな髪型キメるのに時間食ってる場合じゃないことは確かだな、駄目男は。

<第5試合>
澤屋敷純一(3R、判定3?0)ジェロム・レ・バンナ

澤屋敷なんて選手、ぼかぁまったく知りません。なんかリングアナも名前間違えてたような…?
さらには谷P自ら「無謀なマッチメーク」とか言っちゃってます(笑)。
開始からリングを逃げ回る澤屋敷、追うバンナとゆー展開の中、右フックカウンターでバンナがダウン!
その後もレフェリーに注意を受けながらも逃げ回る澤屋敷を捕まえきれず愚直に追い回すだけのバンナに解説の魔裟斗も“芸が無い”と苦言。
さらに3R終了間際にも澤屋敷の左フックをモロに食らったバンナがダウン。大番狂わせ!
バンナは相手を舐めすぎ&コンディション不良(蹴りをまったく出さず)か…。

<第6試合>
マイティー・モー(2R 0:50、KO)チェ・ホンマン

入場でマイク持って歌っちゃうホンマン。すっかり舐めちゃってますな…(笑)。リングで待つモー陣営も呆れ顔。
ジャブがないホンマンはモーの接近を許し思いっきりのいい、ふりかぶりの右フックに脅かされる。
2R早々、モーの狙いすました右フックがついにジャストミート!ひっくり返ったまま唇を震わせるホンマン、K初ダウンでそのままKO負け!


ここで休憩。 後半に続きます。

TNX FR UR CLICK!
いや今日はPRIDEに負けじと番狂わせ続出ですな…。^^;
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
別窓 | [PPV] プロ格リアルタイム速報! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リアルタイム速報!『武士道-其の十三-』(後半)
2006-11-05 22:12
休憩中に、決勝に勝ち上がった直後のフィリオの映像が。う?ん、思ったよりは疲弊してるんじゃないか…?
一方のカーンはフルタイムかかった割には元気とゆーか、静かな闘志に陰りが感じられない。

休憩終了。いつもならある、休憩明けのイベントもなく、すぐに試合へ。まあ、おしてるしね…。

<第9試合・ワンマッチ>
○石田光洋(2R、判定3-0)デビッド・ベルクヘーデン×

煽りV。なんと!石田、栄えある「青春のエスペランサ」の称号をゲット!
ベルクのベースはキックボクシングとあるが、柔術も黒帯だとか…。<マジ? カラダは石田よりずいぶんデカいな。
パンチをかいくぐってタックル成功、グラウンドへもち込んだ石田が激しく動いて黒帯からサイド奪取するなど一方的に攻めまくる。 えー、あんた、ホントに黒帯ですか?>ベルクさん
2R。石田のタックルにカウンターでベルクのヒザがヒット!しかしひるまず食らいつく石田がそのままTDし上へ。インサイドガードでパウンド、鉄槌を狙うが、悲しいかなリーチが足りない…。
しかし依然として攻めまくってるのは石田。そのまま終了までリードして終了のゴング。
もちろんジャッジは石田。でも言うちゃわりぃけど、あんまり面白くはないね、石田の試合って。爽やかっぽいのも嫌い(笑)。

<第10試合・ワンマッチ>
○青木真也(1R 3:57、三角絞め)クレイ・フレンチ×

アメリカ人なのにフレンチ。フレンチなのにアメリカ人。「ヒューズの後継者」ってマジすか…?
青木は結局ギは無し。またも黄色のヘンなスパッツ姿です(苦笑)。
引き込んだ青木、三角狙うもこれはフレンチが逃れる。リングサイドには青木と戦うはずだったメレンデスの姿が。
スタンドではやや打ち負けるも、再び引き込み同時の三角!今度はがっちり入り、上になったところでフレンチがタップ。
青木がリング上からメレンデスを呼び入れ、「大晦日やろう!」とアピール。でも…例の件もあるし、それはどうかな?(^^ゞ

しかしやっとここまで来たか…ってカンジですな。今日はいくらなんでも興行として長すぎ。
私事ではあるが、録画中のハードディスクの残り容量がヤバくなってきたじゃないか。

<第11試合・ライト級タイトルマッチ>
○五味隆典(2R、判定2-1)マーカス・アウレリオ×

あー、もう国歌吹奏とか認定宣言とかどーでもいいじゃ?ん。早いとこ始めてくれや(笑)。
リングサイドには川尻の姿。コール時、アウレリオにブーイングが飛ぶ。
1R。意外に伸びるアウレリオの右ジャブ。五味は手を出さない。いや、出せないか。
最初のタックルを切った五味、猪木・アリ状態からアウレリオをキック。アウレリオが鼻血。
互いに踏み込めないままスタンド膠着状態で両者に警告。アウレリオのタックルが決まったところでラウンド終了のゴング。
2R。残り3分、2度目のタックルでグラウンドにもち込んだアウレリオ。しかし五味は立つ。
残り時間が少ない中、タックルを仕掛けるアウレリオだが捕まえきれず。かみ合わないまま試合終了。
どっちも決め手はないが、マストならアウレリオじゃないの?と思うが、ここはニッポン、ジャッジは割れたが五味に軍配。
しかし勝者コールにブーイングも。

と、ここで島田がリングへ。いや?な予感が…。
そして案の定、フィリオ左足靭帯負傷の発表が!!
代わりに決勝に上がるのはフィリオに完敗した三崎だとさ。
んでもって、三崎は決勝の入場に間に合わず。急いでパンツ履いてるんかな?(-.-)
もうぐちゃぐちゃだな、今日は…。

<第12試合・ウェルター級GP 決勝>
○三崎和雄(2R、判定2-1)デニス・カーン×

おいおいおい、もう10時になっちゃうよ。ちゃんと最後までPPVやるんだろうな?
国歌吹奏なんかやってる場合じゃねーだろ!ごるぁ!
あれれ?カーンも右肩にデカいテーピングが。まさか…。
そーいや、たしか郷野戦での1発目のパンチが交錯したときスゴい音がしてたような。
右が使えないせいか、TD狙いのカーン。下になる三崎はその肩を中心にキメを図る。
サイドをとったカーンだが右腕の抑えが効かず。ついにはスタンドで三崎に圧されだし、ラウンド終盤には三崎の四点ヒザに捕まり青息吐息。
2R。カーンがタックルで上をとるも有効打なくブレーク。次のタックルは切られて、またも三崎の四点ヒザを被弾しまくり。終盤、起死回生の下からの腕十字もしのがれて、万事休す。
なぜかジャッジのうち1人がカーンにつけてたが(苦笑)、まあこりゃ文句無しで三崎の勝ちだわ。<もちろん「優勝」には文句あるけど。
カーンは明らかに肩の負傷が響いたな…。

最後、三崎の「(フィリオには)試合には負けたが喧嘩で勝った」とか意味不明なアピールには閉口しますたな。<あんた、しっかり「マイッタ!」してたやん…(苦笑)。

いや、もうあまりに長すぎてダレますたよ、わたしゃ。
今回は「いろんなサプライズがある」とか言われてたそうですが、ほんといろいろありますたねぇ…(笑)。
ヲタの皆さん、それではこのへんでさようなら?。

TNX FR UR CLICK!
他のヲタ連の速報はこちらからどぞ。
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
別窓 | [PPV] プロ格リアルタイム速報! | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| 新・24 hour VT People | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。