スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
武田幸三、総合へ!?
2005-10-31 21:30
やめといた方がいいと思いまつ。
おわり。


というわけで、一応“格闘技ブログ”を自称しちゃいるけど、このごろは「速報」以外は我ながらリキ入ってないと思いまつ(苦笑)。
だって、このところ個人的関心度合いが、ぶっちゃけ

格闘技<クワガタ

になっちゃってるんでつね。

クワにはまってたったの3ヶ月でつが、この間に手を出したクワはと言えば、
 
スマトラヒラタ、ホーペ、ルデキンツヤマンディブラリスニジイロセアカフタマタギラファノコギリ、リノケロス、オオクワガタ、ダイオウヒラタ、メタリフェルホソアカ、セレベスヒラタ、サバゲノコギリ、アルキデスヒラタ、ワラストンツヤ
 
…って大杉だっつーの!
青色クワが見よう見真似でブリード試みたヤツで、うち成功したのはギラファ(幼虫7匹)とセアカ(幼虫1匹・卵2個)のみ! どうだ、まいったか!(涙…)
さらに昨日になって、ペアリング済のリノケロス♀を産卵セット投入…って、冬もすぐそこってのに往生際わりぃでつね俺。
さらにはサバゲノコギリも近日中にセット予定でつ。 ← だから冬もすぐそこだってば俺…。

★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング
スポンサーサイト
別窓 | [日記] ひとりごつる | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
クワガタテラリウム
2005-10-29 23:53
クワガタにはまって、早3ヶ月。
このごろはフツーに飼育ケースでマジメに一匹ごとに管理してるだけじゃあ、なんだかつまらなくなってきた。
というわけで、正当派のクワヲタ連の中には眉をひそめる向きもあろうかと思うけど、ちょっと大き目の水槽に流木やら100均のニセ植物やらをテキトーにぶち込んでそれっぽい雰囲気をつくり、多頭飼いにチャレンジしとりまつ。

テラリウム…のつもり
まあこんなカンジ

いま、中に入れてるのは、セレベスヒラタ、スマトラヒラタ、国産ヒラタ、そして中国ホーペ。
いずれも小さめサイズの♂で、ホーペを除くと180円?300円の投げ売りでゲットしたもの。
さすがに高額ゲットのクワの投入はできまへん…。

時折発生する“リアル・ムシキング”はなかなか見応えあり。
今日は体格ほぼ同じのヒラタ同士のバトル。
朝起きて見たらガキンガキンやり合ってたんで、朝メシができるまでの間、しばし観戦。
メシ食って、ウンコして覗いてみるとまだやってる。
外出して昼過ぎ戻ってきて覗くと、なお激闘中ですた。
どうもお互いに完全決着ルールで戦ってたようだが、「これ以上は危険」と判断し、主催者権限でドロー裁定としますた。

「お前ら、“漢”だぁ!」

完全決着ルール!?
“漢”の闘い

★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング
別窓 | [クワガタ]クワヲタ万歳 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
ハイアン快挙…
2005-10-27 17:03
いやぁ、すげーな。さっきまでYahoo!のトップページに出てますたよ。

グレイシーの「問題児」、大けが=銃禁止国民投票の当日に暴発?ブラジル 
【サンパウロ26日時事】粗暴な言動から「グレイシー一族の問題児」の異名を取るブラジルの柔術家ハイアン・グレイシー氏(31)が拳銃の暴発で負傷し、リオデジャネイロ市内の病院に運ばれたことが26日、分かった。
 警察によると、ハイアン氏は23日朝、リオ市内の自宅で、いじっていた拳銃が暴発。左太ももに被弾した。病院によると、動脈を損傷していたため緊急手術を実施。現在は入院中だが、快方に向かっているという。23日はくしくも、同国で銃販売禁止を問う国民投票が実施されていた。
(時事通信) - 10月27日9時0分更新


グレイシーシンパの僕ではあるが、ことハイアンに関しては、桜庭戦での“エセ・グレイシー・スピリット事件”や、石澤戦での“タンマ事件”やらで、「ペケ」つけてるんで正直どーでもいいんだよなぁ。

まあ命に別状ないみたいでなによりでつ…と言っておこうか。

★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング

別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
むむ、金原は?
2005-10-26 00:52
■11月5日 ソウル 『HERO'S 2005 in SEOUL』

ムベさまの移籍はまあアレとして、興味をそそられるような対戦カードは別にないっすね…。
カード羅列してわざわざ行数稼ぎする気にもなれないので(笑)、カードはこちらで確認してくらはい。

しかし、確か「韓国vs世界選抜」は「10 vs 10」のはずだったと思うが…?
余計なお世話だが、あんた、どう責任とるんだ?>エセガチ王

★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング

まあテレビは見るけど(苦笑)。
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
PRIDE.30雑感??サクちゃん復活に「?」
2005-10-25 23:56
桜庭のぽっちゃり腹を見たウチのカミさんが、「あー、あんなカンジよ」と指差したのは僕のお腹でありますたよ(苦笑)。

それにしても、桜庭vsケンシャム後の格ヲタ連の風当たりの強さは想像以上ですたな。
復帰戦の相手にケンシャムとのウワサが出た時点で、すでに賢明なヲタは「あ?あ…」だったわけでつが。

実際にあの試合がどうであったかに関係なく、今回のように“大事な復帰戦”というシチュエーションにおいて安直に“いわくつき”の選手を絡ませてしまった以上、たとえ痛くも無い腹を探られても、こりゃ文句は言えんでせうな。

「所詮はごくごく一部のヲタの遠吠え(笑)」
数年前ならそれで斬って捨ててしまえたかもしれないけど、“カクヲタ”は確実に増殖中だし、一方“サクヲタ”は確実に減ってると思いまつけど…?>榊原たん

★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング


メインにジョシュが出てきたら、「あー、やっぱこっちだわ、あんたは」と再びお腹を指差されますた…。>俺
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
リアルタイム速報!『PRIDE.30』
2005-10-23 19:54
大会開始16時よりリアルタイムで更新中!

PPV視聴準備のため早めにch180に合わせると、高田モンスター軍の『M-1』での漫才が。
いやぁ?ありゃ正直ツライ。ツラすぎるわ…。

■10月23日 埼玉SA 『PRIDE.30?STARTING OVER』

さて放送席。
前回ヘタくそすぎてそのテのヲタを逆に萌えさせたあの東大出ギャル、堂々の再登板でつよ(苦笑)。

×戦闘竜(1R1分31秒、レフェリーストップ)ズール○
おっ!あるいは謹慎もアリかと思ってた村上ショージがフツーにリングアナだ。
ズールに用意されたニックネームは「哀しみの肉弾魔人」って、ちょっとどうかな…?(苦笑)
戦闘竜のセコンドにはニコラス・ペタスも。
身長差25センチ、体重差70キロ。戦闘竜は「四点」OKを出す。
前に出る戦闘竜を軽くいなすズール、アドラー戦でも見せてた首相撲からのヒザを炸裂させるが一発が金的に入ってしまう。
戦闘竜の回復を待ってのしばし中断後、ズールは上からがぶってヒザ連打。ズールのぶかぶかトランクスに手をかけパンツを披露させて(場内笑)粘る戦闘竜だが、3発目で崩れ落ちたように見えたところですかさずレフェリーが割って入りストップ。
しかし戦闘竜は「効いてない」、セコンドも激怒、観客ブーイング。
でも、あんな体格差のある試合を裁くレフェリーの立場ではしょうがないんじゃないかと…。
う?ん、正直イクことはできませんですた…。

○ムリーロ・ニンジャ(1R3分31秒、ヒールホールド)ムラド・チュンカエフ×
両者開始から激しい動き。チュンカエフ、ニンジャの圧力に屈すことなく善戦。
しかしややスタミナが切れたころ、グラウンドでもつれたところでヒールをとられてタップ。
シューズ履いてたんでスッポリ入っちゃったみたい。

○ジェームス・トンプソン(1R2分13秒、レフェリーストップ)アレクサンドル・ルング×
ルング、ガファリばりのご立派な“肉”(笑)。
しかしいきなり大きな右フックがトンプソンに炸裂!一気に押さえ込み…押さえ込んで、押さえ込んで、でも柔道家の悲しさ、その次がな?い。
結局スタンドに戻った時点でスタミナ切れ。トンプソンのパンチを背を向けて術なく食らい続けレフェリーストップ。はは…。

×横井宏考(1R4分5秒、TKO)クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン○
横井の低いタックルをつぶし乱屁児が上をとる。しかし横井、オモプラッタで見事にポジション逆転。ハーフからサイドを奪取。
しかしもたつく横井を乱屁児が上半身の力で再びひっくり返し逆にサイドに。
ハリトーノフばりに、横井の左腕を自身の右ヒザで押さえ込み、一気にパウンド連打!頭を抱える横井を最後は蹴り上げ踏みつけてオシマイ。
チャンスでの爆発力に差…。

○セルゲイ・ハリトーノフ(3R、判定2?1)ファブリシオ・ヴェウドゥム×
さあ、今大会数少ない勝負カード。
ゴングからスタンドでプレッシャーをかけるハリトーノフ。ファブリシオもねちっこく食らいつきグラウンドに引きずり込み、4分過ぎにはついに上をとり、一瞬バックマウントも。
ハリトーノフは捕まるのを警戒してか、スタンドにもいつもの切れなし。
2R。パンチをフェイントにしたタックルを切られると猪木・アリ状態になるファブリシオにブーイングも。ファブリシオにイエローカード。ハリトーノフも飛び込んでいく気配見せない。
3R。猪木・アリ状態でハリトーノフの「立って来い」に、ファブリシオも「寝て勝負しろ」と応戦。ファブリシオがいつの間にか右目下をカットしてたが、最後までかみ合わず終了のゴング。
ミノタウロ戦からまったく成長のないハリトーノフに失望しますたよ、わたしゃ…。

休憩。ここまでヒジョーに味気ないな…。
しかし『ハッスル携帯サイト』のCM、まだ「ハッスルK」って…。ダメだろDSE。

休憩明け。高田統括本部長リングイン。
大晦日の『男祭り2005』正式決定の報告。11カードくらいを予定とのことでつ。

○瀧本 誠(3R、判定3?0)ユン・ドンシク×
ユンさま、道着脱ぎますた。瀧本は半袖。カズもそうだけど意味がわからん(苦笑)。
1Rは見応えあるグラウンドの攻防。瀧本が下のポジションから腕をほとんどキメかければ、ユンもコーナーでTDしパウンドから腕十字を狙う。ユンにイエロー1枚。
2Rは1Rとうって変わって両者スタンドで殴り合い。瀧本がやや優勢もユンも意地で応戦。
3Rもスタンド応酬だが、最終盤に瀧本がコーナーにユンを追い込みパウンド連打。
判定は瀧本。だわな。
瀧本がマイク握るとなんとブーイングが。金メダリスト、カワイソ…。

○桜庭和志(1R2分26秒、TKO)ケン・シャムロック×
やっとサムい入場をやめたかサクちゃん。って今回だけかな?
セコンドにフジマール。サクちゃんぽっちゃり過ぎ(苦笑)。
スタンドで時折パンチを出し合いながら長い睨み合い。サクちゃんの構え、以前と変わってはいる。
サクちゃんの左ストレートが炸裂、右の追い討ちでレフェリーがストップ。ケンシャム抗議もそりゃダメだわな(苦笑)。
CBA勢がリングに上がって祝福。おめでとサクちゃん。

○ミルコ・クロコップ(3R、判定3?0)ジョシュ・バーネット×
予想どおりと言うべきか、あっさり薄味で盛り上がらないまま迎えますたよ、本日のメイン。
ジョシュ、前にも増してお腹ぽっちゃり。23キロ差、ミルコ「四点」OK。
予想どおり前に出てミルコに距離をつくらせないジョシュ。1分半、ジョシュがミドルに合わせてTDもミルコもすぐに立ち上がる。
組み合いからジョシュのカンヌキ・スープレックスが崩れて(?)ミルコが完璧マウント奪取も攻め手に欠ける。パウンドを含めグラウンド技術はまだまだか。
しかし脱出されて猪木・アリ状態になると、猪木ポジションのジョシュに自ら飛び込んでいく場面も。
前進を続けるジョシュ、首相撲からミルコのボディーにヒザをぶち込んでいくと、ミルコはイヤがって金的をアピール。怪しい…。
2Rも同様に前進を続けるジョシュ。ミルコが足をかけてTDし再びマウントに。しかしやはり攻め手に乏しく、ジョシュにダメージを与えられず。
3R。開始早々、バッティングで(?)ジョシュが鼻血。中断再開後、ミルコのパンチがついにジョシュを捉える。必死に食らいつくジョシュは組んでのヒザを連発。またも金的をアピールするミルコ。明らかに効いてるミルコを島田もサポート。
残り1分、いちかばちかで(?)グラウンドに引き込むジョシュだがタイムアップ。
ミルコはすっかり研究されてるか。今後厳しいな、こりゃ。


それにしても盛り上がりませんですたな…。
ヲタの皆さん、お疲れさまですた?。

★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング
別窓 | [PPV] プロ格リアルタイム速報! | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
速報しまつ!PRIDE.30
2005-10-22 08:21
■10月23日 埼玉SA 『PRIDE.30?STARTING OVER』

第1試合 ×戦闘竜(「アームロック」)ズール○
第2試合 ムリーロ・ニンジャvsムラド・チュンカエフ
第3試合 ジェームス・トンプソンvsアレクサンドル・ルング
第4試合 横井宏考vsクイントン・“ランペイジ”・ジャクソン
第5試合 セルゲイ・ハリトーノフvsファブリシオ・ヴェウドゥム
第6試合 瀧本 誠vsユン・ドンシク
第7試合 桜庭和志vsケン・シャムロック
第8試合 ミルコ・クロコップvsジョシュ・バーネット


第1試合だけ“結果”が書いてありまつが気にしないよーに。
VIVA!ズール親父来日!

それにしても瀧本vsユンさまが(休憩明けの)第6試合とはまったく意外。
榊原たんにその意図をこっそり問うたところ、「実質的な休憩時間を増やすことで、アリーナのトイレの大混雑解消を図った」とのことですた。(極秘)
これで当日腹具合が悪い客もゆっくりウンコができるようになりまつね。

明日はいつもと同じく、こんなカンジで16時からリアルタイムで速報しまつ。
地上波は炭酸がすっかり抜けきったころの11月3日だそうだし、スカパー未加入のヲタの方はとっととあきらめて覗きに来てくださいませ。

★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング

ヒクソンvsズール親父
お・ま・け
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
『PRIDE.30』?勝敗…じゃなくて試合順を予想してみる
2005-10-19 22:41
まあどうせ明日発表なんだろうけどさ…。

メインとセミは堅いな。
メインはこれはもうミルコの復帰戦ということで誰も文句ないでしょうな。
僕的にはちょっとミルコには食傷気味でつが。

セミは同じく復帰戦となるサクちゃんね。
実績(←何の?)があるケンシャムの“名人芸”が炸裂するか?という点で、注目のカードでつな(笑)。
しかしケンシャムって、PRIDEのアメリカ進出を妨害すべく、公聴会かなんかでPRIDEの四点ヒザルールとかに思いっきりケチつけてなかったっけ?
そんなヤツが何食わぬ顔で今回出てきちゃうわけで、まあ出てくるほうも出てくるほうだが、呼ぶほうも呼ぶほうって気がしまつな(苦笑)。

ここからは第1試合から順に。

まあどう間違っても瀧本vsユンさまがオープニングってのは無いわなぁ。
とにかくのっけから会場に熱を呼ぶことを狙うなら、こりゃやはり巨漢同士の理屈や技術抜きの殴り合いに限る。ヒジョーに安直だが(笑)。
となると、やはりここはトンプソンvsルングか、もしくは戦闘竜vsズールとなるわけだが、ここでいきなりズールが出てしまうと今回のPRIDEは一気にしぼんでしまうので(笑)、というわけで、すでに会場人気バッチシのトンプソンさんに豪快な幕開けをお願いしたい。

続いては、どーでもいいカードはさっさと済ましちゃいましょ、ってことで(笑)、瀧本vsユンさまね。
この試合は特別ルール「3分1R」でもいいんじゃないの?榊原たん。

糞カードでちょっと冷えてしまった会場に熱を呼び戻すには、やはりKO劇が一番。
ということで、よくわかんないチュンカエフとやらを踏んづけちゃってください。>ニンジャ

続く第4試合は、いまやアレク路線まっしぐらで“リンヲタ失望の星”(笑)と化した横井と、“さまよえる狂犬”乱屁児の出番か。
横井は別にガチやるこたぁないんでねーの? どうせそこで勝っても、プロレスに戻ればお行儀よく元の中堅ポジションに落ち着いちゃうでしょ、あんたは。ツマンナイんだよ、ったく。
乱屁児はここで圧勝できなかったら、UFCにお払い箱もアリ…かな?

前半最後の第5試合。
今大会まともなカードが少ないとはいえ、さすがに前半すべてが大味カードってわけにはいくまい。
ということで、ハリトーノフに前半をシメてもらいまつ。
ミノタウロのグラウンドには手も足も出なかった印象のハリトーノフにやや失望したのが1年前。
だが、ミノタウロと同じく柔術ベースでも総合経験の浅いファブリシオはまだそのテクをフル発揮できるところまで持っていけないと睨んでおりまつ、僕は。

さて、後半のオープニングに大抜擢されるのは戦闘竜。つーか相手がズールだから必然的にそうなっただけ(笑)。
今大会の影の主役のズールには、親父直伝・エガちゃんばりのあの“バタン芸”をリングに上がるや否や披露してもらいたいもんでつな。ってムリだな、たぶん…。
当然試合はズール圧勝。 大晦日はトンプソンと怪獣大激突…ってどうすか?榊原たん。

ということで、ついでに(結局)勝敗予想つけてまとめると、

第1試合 ○トンプソン(KO)ルング×
第2試合 ○瀧本(KO)ユンさま×
第3試合 ○ニンジャ(KO)チュンカエフ×
第4試合 ○乱屁児(KO)横井×
第5試合 ○ハリトーノフ(KO)ファブリシオ×
第6試合 ○ズール(KO)戦闘竜×
第7試合 ○桜庭(関節一本)ケンシャム×
第8試合 ○ミルコ(KO)ジョシュ×


わ?い、なんとオール完全決着だ! って気は確かか?>俺

★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
「クサイ」どころじゃない?ルング続報(?)
2005-10-17 19:05
実にせこいツッコミをいれさせてもらったPRIDEオフィシャルのアレクサンドル・ルングの選手データだが、こちらにあるプロフィールに関して、いつも未知の選手のありがたい紹介記事を書かれているbearhappyさんからきちんとしたツッコミが入ってまつ。

まあ別にここでわざわざ紹介するまでもなく、すでにヲタの皆さんご覧になられたかと思いまつが。

しかしDSE、ちょっと調べたらすぐわかるような“ウソ”をよくもまあヘーキで…。
とかエラソーなことは「ちょっと調べ」てから言うべきでつね。>俺
いっぱしのヲタとして、穴があったらいれたい…、あ、いや、はいりたいでつね。
“ご無沙汰”にも程(ほど)ってもんがあると思うぞ、マイ・ワイフ。 ← 罰として我が家庭の事情をさらしたんで許してください。<(_ _)>

★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
篠原を破った??? ? ルングたん降臨
2005-10-15 08:17
■10月23日 埼玉SA 『PRIDE.30?STARTING OVER』
<追加カード>
ジェームス・トンプソンvsアレクサンドル・ルング

クサイ。 クサすぎる。
なにがクサイって、「胡散」が、でつよ。
ルング、この風貌(↓)だけで僕はもうお腹いっぱいでつ。カンベンしてください。
風船
ドド?ン!

んで、PRIDEオフィシャルの「選手データ」もクサイ。
なにがって、だから「胡散」が、でつよ、胡散。

「シドニー五輪柔道100kg超級の決勝戦で日本の篠原を判定で破り、金メダルに輝いたあのダビッド・ドゥイエ(フランス)に96年と99年に2度勝利。」

ヘンなところでこのデブチンの“引き立て役”として(勝手に)名前出された篠原はお気の毒。
それどころか、読点の位置がおかしいせいで、二日酔い状態のぼ?っとしたオツムでこれ読んだら、まるでルングが篠原にも勝ってるかのように誤解してしまいそう。
それを言うなら、

「シドニー五輪柔道100kg超級の決勝戦で日本の篠原を判定で破って金メダルに輝いた、あのダビッド・ドゥイエ(フランス)に96年と99年に2度勝利。」

というのが正しい表記でしょ。
誤解を招きかねない表記はやめましょう、DSEさん。

つーか、これに続く文では、

「第20回世界選手権無差別級で日本の真喜志を降して金メダルを獲得しているクバツキにも勝利を収めている。」

と正しく表記できてるんだよなぁ(苦笑)。
もしかして誤解してほしかった? “確信犯”でつか?DSEさん。


なんつって。

★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
大仁田炎上「人間として?」…(笑)
2005-10-13 12:58
デイリースポーツより。

大仁田議員幹事長に抗議文

自民党の大仁田厚参院議員が12日、言動が物議を醸している新人の杉村太蔵衆院議員に対する指導が不十分だとして、武部勤幹事長あての抗議文を提出した。 杉村議員に激励文を送ったところ、返事はなく、相談した武部氏が「責任を持って指導する」と答えたものの、杉村議員から連絡がないため、「人間としてあいさつは基本で国会議員以前の問題」「参議院軽視と受け取られても仕方のない行動だと思う」などとした抗議文を持参。
大仁田氏は記者団に「幹事長が参院を軽視しているんじゃないだろうかと考えてもおかしくない。参院を軽視するなら騒ぎまくる」とまくしたてた。


どう考えても、「参院」を「軽視」してるんじゃなく、一連の騒動に便乗しシャシャリ出てきた「あんた」を「無視」してるだけのことだろ。

勝手に騒ぎまくれ。アフォが。
別窓 | [雑記] 世のできごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
K-1 WORLD MAX見ますた。
2005-10-13 01:13
なんやかんやで忙しいけど、そろそろ更新しとかないとこのまま消えちゃいそうだしなぁ…(苦笑)。

わずか60Gしかない我が家のHDDレコーダーはすでに録画不可ですた。まあ今回はわざわざ録るほどでもなさそーだしな、と自分を納得させながらテレビの前へ。

■10月12日 代々木第一 『K-1 WORLD MAX 2005?世界王者対抗戦』

レミーガ(3R、判定3?0)安廣
レミーガの煽りV、またバアちゃんネタかよ…。あと、「レミギウス」じゃなくて、すっきりして馴染み易い「レミーガ」でいいじゃん。>TBS
で、試合はレミーガが体格差をまったく感じさせないほど安廣を圧倒。スピードはもちろん、一発一発の力感も違いますたな。ローの対処に難アリのカンジではあったけど。
まあ魔裟斗相手には厳しいだろうけど、KIDとは緊迫感に満ちた、クラスを超えるスケールの戦いが見れそう。つーか見たいぞ、谷P!

HAYATO(2R、KO)ブラックマンバ
「シン2世」とかいう記事を見たんで、一瞬あのシンJr(って知ってまつか?格ヲタの皆さん)が出るのかと“期待”してしまった。K-1ならそのくらいのことやってもおかしくないかと(笑)。
イロモノかと思ったら、あらら、ごくフツーの選手ですた。>ブラックマンバ

クラウス(2R、KO)大東
酒浸りで膨らみ緩んだ肉体を急ごしらえで絞ってきた35歳のオジサンは、ゴング直後のガムシャラ・ラッシュを凌がれると、あとはなす術なし。大方の予想どおりローに沈みますた。クラウス大人げない(笑)。
まあ根性はあるみたいだし、次は実力相応の日本人とやってください。応援しまつぜ。>大東

所(1R、三角絞め)リムレイ
秋山(1R、レフェリーストップ=パウンド)ラーマ
総合ルールのこの2試合、別に要らんかったでつな。
しかし、いまさらボクサー相手に総合ルールで勝つことにいったいどんな意義を見出せってんだよ?
グラウンドど素人相手に、わざと決めにいかず最後までパウンドでボコりまくった秋山には、まったく美しさが感じられなかったね。嫌悪感。

ザンビディス(2R、KO)鈴木
先ほどのオジサンと違ってこっちはまだ若く、ついこないだまで現役バリバリ。身長もデカいし色男系ときてる。応援はしないぞ(笑)。>鈴木
で、「ローでは倒れないっすよ」のはずが、K-1ファイターの中で“ロー・キッカー”でもない、パンチャーのザンビディスのローに呆気なく倒れちゃいますた(笑)。前途多難でつな。

佐藤(3R、判定2?0)ガオグライ
ガオグライ、そりゃMAXに出ちゃほしかったけど、今回の出場はいくらなんでもムリがあるわな。『WORLD GP開幕戦』から20日足らず、体重合わせるだけでいっぱいいっぱいでしょ、今回は。
テレビじゃ2Rがカットされてたけど、やっぱり急ごしらえの影響か動きに精彩がなかったかと。
まあせっかくのMAXデビュー戦でケチがついちゃったけど、次回はきっちりコンディション万全な状態で出てきてね。
しかし佐藤は面白くないな(笑)。

サワー(2R、KO)武田
まあとりあえず武田が武田らしく負けてくれてよかった(笑)。
結果を出してないヤツがあからさまに優遇されるサマは、魔裟斗でなくても見てて気分ワリーからね。
バタバタしての来日でコンディションが懸念されたサワーだったが、最後のラッシュは気合入ってますたな。

全体的には、まあよかったんじゃないでせうか。録画できなかったことを後悔するほどじゃないけど(笑)。
このメンツでどれだけ視聴率稼げたか、注目でつね。

★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
『UFC55』?とりあえず結果
2005-10-08 23:17
■10月7日 コネチカット 『UFC55 FURY』
<ヘビー級タイトルマッチ>
アンドレイ・アルロフスキー(1R15秒、KO)ポール・ブエンテロ
フォレスト・グリフィン(1R3分30秒、TKO)エルビス・シノシック
レナート・ババル(2R1分20秒、三角絞め)チェール・シェノン
マーシオ・“ぺジパーノ”・クルーズ(2R1分2秒、チョーク)国原継悟

以上、主な結果。

ああ、やっぱ負けますたか、国原って人は。
人材不足…つーか渇望状態のヘビー級ゆえ、ペジパーノはこれ(だけ)で一気にトップコンテンダーに浮上?
だって旦那ぁ、メイン15秒ですぜ、15秒…(苦笑)。

WOWOWでの録画放送は見るけど、やっぱ“生”で見てナンボだわな、格闘技は。

★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング

別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
エセガチ王、韓国で吠える
2005-10-08 02:24
NHB NEWSで見たんだけど、来る11月5日に行われる『HERO’S&K-1 MAXソウル大会』の記者会見で、ま?た前田が戯言ぬかしたらしいっスねぇ…。

「私も在日韓国人3世として、プロレスリングの変革を求め、総合格闘技リングス(RINGS)という団体を作ったし、ロシアのヒョードルやブラジルのノゲイラを含む現在プライドやヒーローズなど日本総合格闘技界で活躍する1流選手の80%以上を私が発掘した」

まあこの人が祖国で「在日韓国人」の先達をあれこれヨイショするのは正直どーでもいいけどさ。
でもテメーのことを大げさに自画自賛すんのはヤメロ。
ヒョードルにせよミノタウロにせよ、初来日はリングスだったわけだが、単にそれだけのことだろ?
んなもん、わざわざ「発掘」などと評すべきほどのことでもあるまいに。
たとえば力道山は、ブラジルにいた猪木少年を日本に引っ張ってきて、プロレスラーとして一から鍛え上げて基礎をつくってやったわけだが、こーゆーのこそを「発掘」と言うわけよ。
前田がやったのは、他人が原石状態で採掘し一から磨いてきた宝石を、金払って仕入れて自分の店に並べただけ。
しかも、せっかく仕入れたその宝石を自分ではうまく活かすことができず、まさに宝の持ち腐れで店潰しちゃったわけじゃん(笑)。
たとえばヒョードルなんて、前田が提唱してたKOKルールから解き放たれたことで明らかにその輝きを増したわけだし。

つーか、当時のその「仕入れ」にしても、

「前田に選手を見る目があるとは思えないですよ。だってKOK以降に前田が直に見つけてきたのは、 ヒカルド・アローナとラバザノフだけですからね。あとは写真一枚とプロフィールだけで呼んでみたら凄かったというだけ。そういう原石を呼べるリングスという"場"がノゲイラやヒョードルを生んだんです。 リングスをよく知りもしなければ、前田に真っ当な思い入れを持っていなかったマスコミが過剰な幻想を抱いている振りをするのは本当にイヤですね」

と、こないだ『紙プロ』(KOK当時は“リングス機関紙”)で堀江ガンツに実情をバラされてまつし。
ついでにこの件で前田十八番の“口封じ”がまたしても炸裂したこともバラされますた(笑)。

あと、この会見ではどさくさにまぎれて(?)金原のことも公表してまつが、ちゃんと本人の了解得たうえでのことなのかねぇ?
まあそうでなくても、金原は文句言えないんだろうなぁ…。お気の毒。

★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
“谷間”だけどズール!?PRIDE.30追加カード
2005-10-05 23:37
■10月23日 埼玉SA『PRIDE.30?STARTING OVER』
<追加カード>
桜庭和志vsケン・シャムロック
戦闘竜vsズール
ムリーロ・ニンジャvsムラド・チュンカエフ


桜庭の復帰戦といえば、乱屁児戦しかり、ジル・アーセン戦しかり、ランデルマン戦しかりと、ヲタの間で物議を醸してきますた。
まあオブラートに包むことなく言えば、つまりは「ヤオ?」ってことでつけど(笑)。
そんな流れでのケンシャム起用とくれば、う?ん、いらぬ心配もしたくなるってもんだ。

発表済カードと合わせてこれで全7試合か。
まあミルコvsジョシュハリトーノフvsファブリシオはいいカードだけど、他はちょっと“谷間”っぽいカードが並んだカンジかな…。
もう一丁追加!ってのは無しでつか?榊原たん。

しかし、ついに出ますたよ、ズールでつよ!息子でつよ!ズールの息子でつよ!
当然、親父もセコンドで来やがれ!
というわけで思いっきり楽しみませうね、オールドヲタの皆さん。

TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
UFC55?今度はフツーに
2005-10-04 00:37
■10月7日 コネチカット『UFC55 FURY』
<UFCヘビー級タイトルマッチ>
アンドレイ・アルロフスキーvsポール・ブエンテロ
フォレスト・グリフィンvsエルビス・シノシック
レナート・ババルvsチェール・シェノン
国原継悟vsマーシオ・“ぺジパーノ”・クルーズ


まあ注目すべきは、仲間内で評判がよろしくないらしい(笑)ペジパーノくらいか。
この柔術の強豪、過去にも総合デビューのハナシがいくつかあったように思うけど、結局これまでやってないんでつかね?
今回、相手を務めるのは国原継悟なる柔道上がりの日本人選手らしいでつが、悲しいかな、僕はこの人まったく知りません。
2年前にはKOTCでマイク・ボーク…『PRIDE.11』でアレク大塚のダブル腕ひしぎ(笑)に足タップで完敗…に判定勝ちしてるようでつけど。

というわけで(?)、これまではWOWOWの放送までネット断ちして“ライブ”で楽しんできたUFCでつが、今度の『55』はそうまでして観る気がどうも湧かない。
だってメインがブエンテロですぜ、旦那(苦笑)。
こないだ『53』のエイラーズといい、UFCのヘビー級の人材不足はもうどうしようもないでつなぁ…。→アルロフスキーの強さ、測定不能。

ついでに…
『TUF』上がりのフォレスト・グリフィンは今回2回目のUFC出場でつよ。>バウレビさん


★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
これが現実…さよなら(?)近藤
2005-10-03 01:51
PPV購入すべきかどうか散々迷う……ことは全然なく、あっさり見送りを決めたパンクラス横文大会。
あのカードでPRIDEと同額の2,100円を投じる度胸は僕には無い(笑)。

■10月2日 横浜 『PANCRASE 2005 SPAIRAL TOUR』
近藤有己(3R、判定3?0)金原弘光


もはや年齢的にもピークを過ぎててPRIDEでは“残酷ショー要員”でしかない金原は、近藤にとって「一方的なKO勝利」以外には勝って得るものがない“ロー・リターン”な相手ですたが、予想もしてないくせに言わせてもらうと(笑)、「まあこんなもんでしょ…」な結果となってしまいますたな。
すなわち、単に“近藤ヲタに現実を突きつけるため”だけに行われた試合になってしまった…というのは言い過ぎか?

しかし、菊田の負傷欠場というのは確かに不運だったし、また、いまさらではあるけれど、勝ち負けは抜きにしても、終わった後にファンが近藤に期待やら可能性やらを抱き続けていられるような相手をブッキングできなかったもんでつかね?
そのへんがいかにもヘタクソなカンジがするんだけど、パンクラスってとこは。

「じゃあ現実的な観点で、具体的に誰よ?」と訊かれたら、実際下向いちゃうしかないんでつが(苦笑)。

★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ティト・オーティズ参上!?
2005-10-01 07:55
DSEがPRIDEアメリカ進出の切り札(?)として、UFCを干されたティト・オーティズと交渉中らしい。

しかしこの人のファイトスタイル…相手をパワーで押し込んで、固めてボコって、もしくは横ヒジでカット→ストップが彼の常套手段、必勝パターン…って、完全に金網向きでしょ。
“ストップ・ドント・ムーブ”で、ヒジなしのPRIDEのリングでその力が発揮できるとは思えないでつね。
PRIDEには「四点ヒザ」があるってのがティトにとって唯一明るい材料ではあるが、いまはもうこれに対する防御もファイターたちにすっかり浸透してるカンジだもんね。
フィジカルにえらく差のある相手だったらともかく、PRIDEミドルのトップクラス相手にこれが大きな脅威となるとは考えにくい。

いまさらサブミッション技術を向上させて…ってタイプにも見えないし(笑)、並外れて強靭な精神力の持ち主ともとても思えないし、僕の見立てじゃ、まあ“(彼がUFCで勝った)ビクトーより下”ってところで、アメリカ進出の切り札としてはTito役不足
…ってお粗末極まりないでつね(笑)。

★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング

そもそもPRIDEのアメリカ進出自体、雲行きが怪しいってハナシはとりあえず置いときませうね。
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| 新・24 hour VT People |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。