スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
やっぱり?アンディ・オロゴン欠場
2006-01-31 23:06
ボビー実弟、負傷でK?1欠場

「K?1 WORLD MAX 2006?日本代表決定トーナメント?」(2月4日・さいたまスーパーアリーナ)に出場が予定されていたボビー・オロゴンの実弟アンディ・オロゴンが右手指関筋断裂のため同大会を欠場することが発表された。
 アンディ・オロゴンは30日の練習中に右手を負傷。病院での検査の結果、右手の第一第二指間に筋断裂の症状がみられたため同大会への出場にドクターストップがかかった。
 なお全治は2週間と診断されており、飯伏幸太との対戦が予定されていたオープニングマッチは中止となった。


ああそうですか。
いくら“和解”をアピールしても、あの不自然さだもんなぁ…(苦笑)。
やっぱイメージ的にマズい、ってことでスポンサー筋やTV局あたりからストップの指示があったんでせうかね?


TNX FR UR CLICK!

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
早くイッテよ、アリスター
2006-01-30 02:43
なんか小出ししてますなぁ、DSE(苦笑)。

■2月26日 『PRIDE.31?Dreamers』

<追加カード>
セルゲイ・ハリトーノフvsアリスター・オーフレイム

えーと、僕はハリトーノフについてはそりゃもちろんトップクラスに位置付けしちゃおりますよ。『武士道』でわけのわからん相手とやってたときから。
しちゃおりますけど、でもヒョードルやミノタウロに比べると“数枚”落ちるとも以前から言い続けてきますた。<あ、そんなの知りませんかそーですかすいません。

というのは、「コマンドサンボ」のイメージでカムフラージュされてるだけで、

実はハリトーノフってそんなにグラウンドできないんじゃないか?

と僕は睨んでるわけですよ。
04年のヘビー級GP準決勝、サイドをとったミノタウロにほとんど手間かけさせることもなくニー・オン・ザ・ベリー、マウント(しかも高い位置の)と自在にポジション移行を許し、ガードとってからも拍子抜けするくらいあっさりパスされてたあの体たらくにはがっかりさせられたもんだし、そしてそのイメージは前回のナンバーシリーズでのファブリシオ戦でも払拭されなかった…つーか、あのビビリようでさらに増幅されちゃったんだよなぁ。<ハリトーノフは“途中で負傷して?”とか言ってたようですがあえて無視する(笑)。

で、一方のアリスターは、いまや打撃屋の仮面を被った寝業師と見るべき。
ビクトーやボブチャンチンを葬ったフロントチョークばかりが注目されてるが、テイクダウン、ポジショニングにも素晴らしいものがあるし。
“帯無し”だけど、もしCBAにいたならば、あっさり黒帯ゲットしちゃってますな。ってどーでもいいけど単なるヲタのくせにエラソーだな、俺(笑)。

まあ、アリスターがスタミナにかなり難があること、そしてハリトーノフがこれまでのアリスターの相手に比べタッパがあることが気になるところではあるが、早い勝負展開になったときは番狂わせが起こりそうな気がしてならないんですよぉぉぉぉぉ!

…とかヘンに期待しちゃうと、あっさりスカしてくれますからなぁアリスターは(笑)。
でもまあ「査定」とやらにこだわるあまり、面子の割りにイマイチ続きだった本大会にようやく出された興味深いカードに期待しませうか、ヲタの皆さん。


TNX FR UR CLICK!

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

あと、五味は無差別GP回避を表明したようですな。
よろしいんじゃないでせうか?
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
ボビー謝罪会見動画
2006-01-29 00:53
こちらでどうぞ。<2月3日までだそうです。

事件の原因といわれるギャラのトラブルの有無についてつっこまれると、とたんにボビーは口モゴモゴ。
すかさず同席してたムルアカが“彼は日本語がまだよくわからないから誤解があって?”とかなんとかフォロー。
でもその割には、その前の質問に対してボビーの口から「ボタンのかけ違い」とか、我々でも普段そう口にすることも無いような“高度な”語句がスムーズに発せられてますたけど…?
その後の受け答えでもきわめて流暢な日本語を披露してますたけど…?(笑)

ま、つまりは土壇場で怖気づいたってとこですか?ボビーたん。

しかし…、なぜああまでして「32歳」にこだわるのだろうか…?(笑)

TNX FR UR CLICK!

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『九州モーターショー2006』
2006-01-28 23:59
えー、本日ちょっと行ってきますたよ、『東京モーターショー』の縮小バージョンに(苦笑)。

主役はあくまで車です…


当然ながら車よりも、キレイなキャンギャルたちに目が行ってしまうのですが、嫁の目が光ってるのでロコツに彼女たちを撮るわけにもいかず、結局小心者の僕としては、こーゆー中途半端な写真が精一杯ですたよ…。 orz
“重装備”で誰の目も気にすることなくシャッターを切りまくるハゲデブなオッサンたち、いまさらだけどやっぱあんたらスゲーや…。

個人的には、車よりも、キャンギャルよりも、各社のブースに座ってた制服姿(?)の受付譲たちの方に魅かれますたね、僕は。
でも嫁の目の前で彼女たちにカメラを向けるような度胸を持ち合わせていないのは言うまでもないわけで…。


TNX FR UR CLICK!

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
別窓 | [日記] ひとりごつる | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
いまさらコールマン…。
2006-01-27 00:03
■2月26日 『PRIDE.31?Dreamers』

<追加カード>
マウリシオ・ショーグンvsマーク・コールマン

そりゃせっかくの“新星”をGP前に傷つけちゃうわけにはいかん事情はわかりますがね。
しかしそれにしてもコールマンってのは、ヒョードルに3分、ミルコに4分でヒネられてるだけでなく、心はすでに“プロレスラー”でしょ。
こんなオッサンをいまさら「ヘビー級の壁」とか持ち上げられても正直困っちゃうんですけど。(^^ゞ
まあコールマンについては、ヒョードル戦では2分、ミルコ戦では3分と予想してハズしちゃったんで(結果はどちらもプラス1分)、今回はちょっと余裕をもって5分にしとくか(笑)。

今大会は面子的にはかなり豪華っぽいけど、対戦カードは谷間興行らしい無難なものが多くなりそうですな。
これに沿って、もし僕が単純に発表されてる残りの出場選手でカード組むとしたなら、

 ミノタウロvsランデルマン
 ハリトーノフvsトンプソン
 乱屁児ジャクソンvsヒーゾ

ってとこかな? <無難でしょ?(笑)

TNX FR UR CLICK!

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
“利”はあっても“理”が無い、ボビーの愚行
2006-01-26 22:43
やっぱカネが絡んだトラブルですたか。>ボビー・オロゴン暴力事件

昨年12月25日のボビーの公式ブログより。

お前が会社に内緒でバイトしてんじゃないのか?この前、社長が言ってたぞ、「あいつ、どうも毎食してんじゃないかって」それに付き合って怒られんのヤダなぁ。ボビーは一生懸命、毎日仕事してるからなぁ。

(Mgr:。それは「毎食」じゃなくて内職でしょ。やってないよ、この仕事だってギャラは俺がもらうわけじゃないんだから、勘弁してよ。)



たとえばその真偽は知らないけど、
「大晦日の曙戦のギャラ1400万円のうち、事務所が1320万円を“ピンハネ”、残りの80万円だけがボビーの取り分」
とか、まあそーゆーのに近い環境でボビーが事務所に動かされてたとしたら、いくら“給料制”の契約だったとしても、そりゃあ彼に同情したくもなるし、マネージャーと組んでの「内職」に走る気になるのもわからんではない。

でも、どんなに“利”があろうとも、今回のような“理”の無い短絡的な行動に出たら、そりゃ負けだわな。
そのうえ「暴れていないし、誰も殴っていない。逆に殴られた」とは、なんともカッコわりぃじゃないの。<誰とは言わんが、某SVばりの往生際の悪さ(笑)

ま、事件の顛末がどうなるか知らんけど、ボビーはこれから人生のつらさを味わうことになりそうだね。
とりあえず僕は“自覚”が無い人は好きじゃないんで、
「バイバイ、“最強の素人”」

TNX FR UR CLICK!

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
何があった?! からくりボビー
2006-01-25 18:26
ボビーさん事務所で大暴れ 元秘書ムルアカさんら制止
 
25日午後1時ごろ、東京都渋谷区神宮前、芸能事務所「アールアンドエープロモーション」で、同事務所所属でタレントのボビー・オロゴンさんが暴れ、居合わせた衆院議員鈴木宗男氏の元私設秘書でタレントのジョン・ムウェテ・ムルアカさんらが制止し、数人がけがをした。
 警視庁原宿署が暴行事件としてオロゴンさんらから事情を聴いている。
 事務所によると、同日昼ごろ、事務所を訪れたオロゴンさんが突然、男性社長(55)に殴りかかった。ムルアカさんやスタッフ7、8人で制止したが、オロゴンさんが机やいすを投げるなど暴れたため、スタッフが110番通報した。
 オロゴンさんは約15分間暴れ続けた。オロゴンさんが口を切るなど数人がけがをしたという。

(共同通信) - 1月25日17時43分更新


“巨人空手家”の制止をものともせず、「15分間」も暴れ続けるってのは尋常じゃないパワーですな…。
おそるべしボビー。
こりゃボノたんレベルじゃあ勝てっこないわな、やっぱ。

TNX FR UR CLICK!

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
岡見KO負け!?…も次いこ、次!
2006-01-22 10:16
■1月21日 ホノルル 『ROTR 8?ウェルター級GP』

<1回戦>
岡見勇信(1R2分33秒、反則勝ち)アンデウソン・シウバ

アンデウソンが最初から最後まで試合を支配したが、彼は残念にもフィニッシュでミスをやらかしてしまった…。
開始からアンデウソンはテイクダウンを狙う岡見をローキックでまったく寄せ付けず、2分過ぎにようやくテイクダウンに成功した岡見が得意のパウンドを打ち込もうとした瞬間に下から蹴り上げた。
このキック、カカトがモロに岡見のアゴを打ち抜くこととなり、岡見ノックアウト!すかさず試合はストップされた。
が、しばしリング上での混乱はあったもののの、ルール上、岡見の両膝がマットに着いている状態でのアンデウソンのキック攻撃は反則であり、いいところなくKOされた岡見がトーナメント2回戦進出。
同1回戦でデイヴ・メネーに判定勝ちしたジェイク・シールズと次回大会でぶつかることとなった。

とゆーことらしいです。

まあ、勝ちは勝ちです(笑)。
難しいとは思うけど、この幸運(?)を活かしてトーナメント制覇してみせて、“ホーム”の恵まれた環境に限定してしか戦うことのない連中の鼻を明かしてくださいよ、岡見さん。
陰ながら応援してまっせ。


TNX FR UR CLICK!

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
菊地vs青木、キタ━(゚∀゚)━!!
2006-01-21 11:09
■2月17日 『修斗?The victory of The truth』

世界ミドル級タイトルマッチ
(王者)菊地 昭vs(4位)青木真也

いやぁ?、やっぱり来ちゃいましたよ?。
昨年はウェルター級王者・川尻の『武士道GP』参戦のあおりを受け、彼の王座防衛期限に“特例”を認めるという「競技」の名にふさわしくないヘタレぶり(笑)を見せつけた修斗コミッション。
今回のこのタイトルマッチも
「ランキング4位で、しかも(修斗を)引退しようって選手の挑戦を認めるのってどーなのよ?」
という生真面目な修斗ヲタの声もあるようですが、フマジメな悪しき格ヲタとしては、ここはコミッションの“英断”に拍手するとともに、青木クンにはぜひとも最後の(?)晴れ姿を僕の目に焼き付けていただきたい。

『J SPORTS 3』にて大会翌日の18日19時より放送。
すべての格ヲタは刮目せよ!

TNX FR UR CLICK!

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
世はまさに“西島祭り”なわけですが(笑)
2006-01-20 01:40
ほんの数日前のPRIDEオフィシャルの記事

PRIDEデビュー戦にあたって公募していた新しいリングネームも、3000件を超す候補の中から、“陽海山(ようかいざん)”に決定。
「たくさん応募してもらってありがとうございます。気に入ってます
多くを語らなかった西島に代わり榊原代表が
「前から“洋介山”という漢字で“ようかいざん”と呼ばれることも多かったらしく、彼にとって“ようかいざん”は初めて聞く音ではないこと。そしてローマ字やいろんな漢字で“ようかいざん”というリングネームが多く寄せられました。それでこの音を選び、画数など見てもらいいろんな思いをこめて、この漢字になりました」
と、西島の心境を代弁した。



なんでも「陽海山」ってリングネームは、西島のボクサー時代の師匠=オサムジムの会長さんの“オリジナル”だそうじゃないですか。 なるほど、そりゃ「初めて聞く音」じゃあないわけだ(笑)。
さらに西島、当時せっかく会長に与えてもらった「陽海山」をあっさりボツにした過去があるらしい。
なのに今回は「気に入ってます」だそうです…。

しかし西島はこれを名乗るのに抵抗はなかったのかねぇ?
僕なら…つーか、フツーは袂を別ったどころか“泥仕合”を繰り広げて絶縁した人がかつて考えた名前なんか絶対に名乗りたくないんじゃないの?とか思っちゃうわけですが…。

もしかして、もしかしてですけど、西島、昔のことは記憶がとんじゃってるとか?

“朴訥”というにはあまりにアレっぽいあのオーラ、「実はパ○○ド○○ーですた…」ってこたぁまさかないよねぇ…?榊原たん。

TNX FR UR CLICK!

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
陽海山、戦わずして溶解?PRIDE.31第1弾カード決定
2006-01-19 17:57
■2月26日 『PRIDE.31?Dreamers』

<決定カード>

高阪 剛vsマリオ・スペーヒー

マーク・ハントvs

西島洋介山改め西島洋介改め陽海山改め西島洋介



わはは、これがやりたくて取り急ぎ記事アップした次第(笑)。 ♂!

TNX FR UR CLICK!

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

ヅラ
しかしこの写真、いつ見ても笑っちゃうよなぁ。うぷぷ…。
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
“マスコミ”という名の犬どもへ
2006-01-19 12:45
猫も杓子も ライブドア! livedoor! らいぶどあ!って…。

あんたら、もっと他の報じるべき重要なもんがあるだろうが。

お粗末とゆーか、コワイねぇ。この国は。
別窓 | [雑記] 世のできごと | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ホイスのUFC帰還に思ふ…
2006-01-19 00:41
タイトルマッチになるかどうかは未定だけど、やっぱり現行UFCルールでやるみたいですな、ホイスvsヒューズは。
近年、ホリオンの手を離れてからのホイスの“駄々のこね方”には、あくまで完全決着にこだわるヒクソンと比べてなんとも中途半端なものを感じてたけど、こうもあっさりと“完全迎合”しちゃうとは正直意外ですたよ。

で、ホイスの発言(バウレビより)。

「(UFCルールは)私は好きではありません。ジャッジを通じて勝つことができるルールだからです。だからこそマット・ヒューズとの試合に合意したのです。ルールが試合を作るのではなく、ファイターが試合を作るわけですからね。マットは、闘いに出てくる選手だというのを知っているからです」

「だからこそ」ですかそーですか。なんかわかるような、わからないような…。(^^ゞ
要するに、ヒューズに対して、
「あんたほどの選手なら、まさか判定に逃げるようなマネはしないよなぁ?あ?ん?」
と牽制してるんですかね?

しかし僕は、ヒューズがホイスの“期待”に応えて「闘いに出て」きたとしても、現行のUFCルールでやる以上、ホイスに勝つ目があるとは思えないですな。(もちろんヒューズが判定も視野に入れてきた場合は言うまでもない。)
そりゃヒューズがポカしないとは限らないけど(実際しそうなタイプではある…)、それでもホイスはあまりにキメが弱い!弱すぎる! …ともう言い切っちゃいますよ、僕は(笑)。

まあ、せめて大晦日に階級下の所を相手にスパッと一本キメてくれてりゃあ、こっちの見方も修正を余儀なくされたかもしれんけど、見事に期待を裏切ってくれますたからねぇ。
正直あの内容には失望しちゃったし、もはや40歳目前のあの華奢な体には到底ヒューズの圧力を捌く力は無いと見る。

もちろん“パイオニア”としてのホイスにはいまも最大級の感謝の念を抱いてるけど、その感情を抜きにして一ファイターとして見たときのいまの彼から(強い・弱いは別にして、)かつての独特の“色気”が感じられなくなってしまったのはエリオ直系グレイシーシンパとしてはさびしい気がするわけで、結局僕が感じてたあの色気はホリオンが醸し出してたんですな…。

「だからなんだ?」と言われても困るんですが、熱さまシートの貼られた頭で思いつくまま書いてみ素股…いや、書いてみますた(笑)。


TNX FR UR CLICK!

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
“This is my house,”?ホイス、UFCに帰還!?
2006-01-17 23:12
なんと!
5月にホイスvsマット・ヒューズ!?

いや、こりゃすでにUFCが公式にアナウンスしたわけですが、それでも僕は“?”を付けずにはおれない。

どんなルールでやるか…ってのにはUFCサイドでも触れられてないようですが、これは結局“別に触れるまでもない”ってことでしょ。

(ノンタイトルなら)5分3R。
ブレイクありまくり。
判定あり。


昔と違っていまのUFCは“ガチガチ”。
UFCがネバダ州アスレチック・コミッションの管理下に置かれてる以上、このキマリはいかにホイスが“LEGEND”であっても崩すことはできないはずですぜ。
日本のPRIDEやK-1みたいに“融通”は利かないのである。

マジですか?ホイス。


…どうも熱っぽいから、とりあえず今日はこのへんで。
これについては日をあらためて追記するつもりです。



TNX FR UR CLICK!

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
やっちゃいますか榊原たん?PRIDE無差別GP開催
2006-01-16 22:21
開幕戦 ? 5月5日 大阪ドーム
2nd Round  ? 7月上旬 さいたまSA
決勝戦 ? 9月上旬 さいたまSA


というスケジュールで、ついに榊原たんが無差別GPの開催を宣言しますたな。

いやそりゃあね、シウバやらショーグンやらのナチュラルでほぼヘビーの連中なら、
「『出る気マンマン』だから」
ってことであっさり片付けちゃっていいですよ。
でもグラップリングマッチならわかるけど、「ライトやウェルター級の選手」で、これに“出たい!”って選手、マジでいるんですかねぇ?

まあ、榊原たんが挙げた五味みたいな選手は、もしこれにオファーがあっても強気で「No!」と言えるだろうけど、そんな立場にある選手なんてごく一部。
多くの選手はそう簡単にDSEのオファーを蹴れる立場にはないわけで、自身の意に反してGP出場を余儀なくされる…ってケースが充分考えられるんじゃないでせうかねぇ? <「じゃあ出なきゃいいじゃん」ってのはちと酷だと僕は思う…。
DSEは実際に“権力”を嵩に選手を追い込むようなマネもしてるし、こりゃコワイです。


しかし、こんな“野蛮”なトーナメントやっちゃうんだから、“秋には(規制の厳しい)アメリカにて大会開催”とかいうのはやっぱいつものホラとしか思えませんな(苦笑)。 でしょ?榊原たん。


TNX FR UR CLICK!

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
陽海山、VIPデビュー決定!
2006-01-15 22:40
「あー、そーいえばそうだったよな…」
ってカンジで、すっかり忘れてますたよ、彼のことは。
しかし“陽海山”って、なんだかリングネームっつーより四股名だわな(笑)。

で、その陽海山の『PRIDE.31』でのデビュー戦の相手はハントかショーグンで、本人はショーグンを希望してるとか。

西島洋介改め“陽海山”が『PRIDE.31』で総合格闘技デビュー

高田本部長いわく、
「かませ犬とやってもしょうがない。現役バリバリの厳しい相手とぶつけることで、どれだけできるのか? どれだけ厳しいリングなのか?」

なんか、ついこないだもおんなじこと言ってたような気がするんですけど(笑)。
んで、経験ゼロの選手がデビュー戦でいきなりチャンピオンとやれるなんてのはメチャクチャ甘いリングのような気がするんですけど(笑)。

とかイジワル言っちゃあいけませんね。
マジメに筋を通してデビュー戦の相手として相応の実力の選手とやらせた日には一発でボロが出ちゃって商売になりませんから、こりゃあしょーがないでしょうな。 ね?榊原たん。

しかし、本部長、
「うちの選手が言うには『(西島が)4?50%の力のパンチでも、中に入っていけない』と」
ってのは何の“煽り”にもなりませんよ?。
あんたの「うち」がBTTとかCBAとかみたいなとこならともかく、「高田道場」じゃないですか。
「ほぉ?、そりゃスゲーや!」とか我々が応じるわけにいかないことくらいわかるでしょーに(笑)。

TNX FR UR CLICK!

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

それにしてもマジでやるのか無差別GP…。
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(1) | コメント(5) | page top↑
そうですか折れてなかったですか小川たん
2006-01-13 19:28
小川直也、折れてなかった!

 2005年大みそかPRIDE男祭りに出場し、吉田秀彦と壮絶な戦いを繰り広げた小川直也が11日、フジテレビ系列の番組「笑っていいとも!」にゲストで登場した。番組の司会を務めるタモリから登場を促されると、小川は左足をギプスで固め松葉杖をついて登場。「3、2、1、ハッスル! ハッスル!」といきなり会場をハッスル色に染めた。
 タモリとのトークでは、大みそかの吉田戦後の様子を克明に吐露。試合中、テレビを通じてでも「ポキポキ」と音が聞こえてくるほど強く吉田にアキレス腱固めを極められ、「関節は柔らかい方」と自負する小川だが、その後左足の踏ん張りが利かず、痛みも出てきた。しかし、「メーンだから止めるわけにはいかなかった」とレフェリーに止められるまで満身創痍の状態で試合をしていたことを明らかにした。

 試合後「(骨が)折れた」とリング上で話していた小川だが、実際はじん帯が2本切れ、骨にはヒビ。全治3カ月と診断を受けたが、「もう少し(復帰が)早ければいいかな」と一日でも早くファンの前に姿を現すことを切望した。

 一方、これを受けてハッスルを主催しているDSE(ドリームステージエンターテインメント)の広報は、常識的に2.10「ハッスル・ハウスvol.11」での試合出場は無理としたが、「小川選手はハッスルの代表ですし、男祭りからの凱旋というわけじゃないですけど、こちらとしましても驚異の回復力を発揮していただいて、3月シリーズからでもリングに上がってもらいたいですね」と、ハッスルへの早期復帰を熱望していた。

現在、小川が活動の拠点としているハッスルは老若男女を問わず大ブーム。しかし、コーナー最後の「100分の1アンケート」で「2005年11.3に行われたハッスル・マニアに来場した方」と小川が自信たっぷりにスタジオで問いかけたところ、電光掲示板はむなしく「0」を示してしまった。さすがのキャプテン・ハッスルもこれにはがっかり。ハッスル布教の道はまだまだ続く――。 



小川にとっては、とにかく「ハッスル!ハッスル!」で腰振ることができればそれでOK。

つーかそれしか能がないんだから、「全治3カ月」だろうと半年だろうと1年だろうと、んなもんカンケーないわな。

腰振りこそが小川のすべて。
腰振りこそが小川の“プロレス”。
リング上のファイトは自分よりもよっぽどできる芸人さんに任せといて、お前はとにかく腰を振って振って振りまくって、「プロレスの復興」とやらを実現するのだ?(笑)。


TNX FR UR CLICK!

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
たまアリでダイジョーブ??MAX日本代表決定トーナメント
2006-01-11 20:11
■2月4日『K-1 WORLD MAX 2006 ?日本代表決定トーナメント?』

<日本代表決定トーナメント>
安廣一哉vs HAYATO
TATSUJI vs山本優弥
鈴木 悟vs上山龍紀
佐藤嘉洋vs新田明臣


<日本代表決定トーナメント・リザーブファイト>
我龍真吾vs白須康仁

<スーパーファイト>
魔裟斗vsイアン・シャファー
大東 旭vsレミギウス・モリカビュチス
ブアカーオ・ポー.プラムックvsマイク・ザンビディス


「う?ん、ダイジョーブか…?」って気がしないでもないラインナップ…?

はっきり言って、トーナメントの方はどーでもいいや(笑)。
僕は単なる“ヲタ”ゆえに、“通”に評価の高い佐藤に魅力もオモシロミも感じないしなぁ。
何をトチ狂ったか上山がいきなり出てきてるけど、これまた別に思い入れがあるわけでもなし。
それにしてもHAYATOだのTATSUJIだのと、このテのリングネームは見てるこっちがなんつーか恥ずかしくなるわい(笑)。

大東は、大晦日の急なオファーを受諾した“ご褒美”でせうか?
レミーガは体格的にも小さく、そして本格的なキックボクサーでもないから、大東としては魔裟斗やらクラウスやらを相手にしたときと違って自慢のパンチ(のみ)で渡り合うことができる。
おまけにレミーガは“華”もあってヲタ連のウケもいいヤツだから、勝てばこれまでの汚名を一気に返上だ。
と、都合よく想像してみたが、別にレミーガがボクシングやってくれるわけはないだろうからなぁ…(笑)。

しかしブアカーオvsザンビディス! こりゃあ面白そうだわ。
ザンビディスのハードパンチをブアカーオがどう捌きますかね?
間違ってもこの試合だけはカットやダイジェスト扱いにしないよう頼みますぜ?、TBS。

TNX FR UR CLICK!

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking <堂々の1位獲得です!(笑)
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
毎年恒例の…
2006-01-10 06:30
遊園地で歓声・復刻式典・クラッカー騒ぎも…成人の日

成人の日の9日、全国各地で式典やイベントが開かれた。
 今年を20歳で迎えた新成人は全国で約143万人で、前年に比べて約7万人減。晴れ着やスーツでめかし込み、遊園地などで楽しい1日を過ごしたが、その一方、一部の式典では、トラブルも起きた。

 東京都練馬区は、遊園地「としまえん」で式典を開き、新成人4486人が出席した。全員に乗り物の無料券がプレゼントされ、式典が終わるのを待たずに“早退”して園内へ向かう新成人も。華やかな振り袖姿でジェットコースターに乗り、絶叫する若者たちなどでにぎわった。
 戦後間もない1946年に日本で初めて成人式を開いたとされる埼玉県蕨市では、「還暦」を迎えたのを記念し、第1回式典で配られたと伝えられる紅白のまんじゅうを“復刻”して新成人約700人に贈った。
 同市の式典は戦争から復員した若者たちを励ますために開かれ、その後、全国に広まったとされる。まんじゅうを食べた新成人は「おいしい。かむごとに歴史を感じる」などと話していた。

 一方、盛岡市の「成人のつどい」では、会場で新成人がクラッカーを鳴らし、それを注意した来賓のプロレスラー、ザ・グレート・サスケ県議(36)ともみ合いになる一幕があった。
 式典には約2500人の新成人が参加していたが、午後1時40分ごろ谷藤裕明市長のあいさつ中、最前列の男性がクラッカーを鳴らすなどした。サスケ県議は男性の腕をつかんで会場の外に出るよう促したが、男性は抵抗。仲間の新成人10人ほどがサスケ県議を取り囲み、一時騒然となった。
 市職員が両者を引き離して騒ぎは収まったが、その後も来賓らの祝辞の中、男性たちはヤジを飛ばすなどして騒いだ。サスケ県議は「荒れる成人式が岩手で起きたのは残念」と話した。
       読売新聞


ちっとも「成人」してない連中のための式典だし、そりゃ「遊園地」ってのはピッタリかもしれませんが、それにしてもバカバカしいですなぁ…。毎年毎年(苦笑)。

ところで、「おいしいなぁサスケ…」とつぶやいたのは僕だけ…ではないでしょうな。間違いなく。

TNX FR UR CLICK!

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking
別窓 | [雑記] 世のできごと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
訃報☆
2006-01-09 11:53
ワイルドもの(野外捕獲)として我が家にやってきてから約4ヶ月、愛ガキどもの一番のオキニであったギラファノコギリクワガタのギラたん(いま命名。そのまんま…)が昨日になりますた。
前日から足元がひょろひょろしてたんでそろそろだな…と覚悟はしとりますたが。

特徴である長いアゴはもちろん、ことある度におヒゲを激しくピロピロさせる君の姿はなんとも気色悪可愛く、「標本にしたろか…」とも思いますたけど、

メンドー

だったのでちょっと涙ぐむ愛ガキどもと一緒に丁重に庭に埋めてあげますた。

君の子供(か、他のギラファの子供かはわからんけど…)は大事に育ててやるからな。
合掌。

ギラたん
在りし日の雄姿

★TNX FR UR CLICK!
別窓 | [クワガタ]クワヲタ万歳 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
PRIDE?05年を振り返る ?
2006-01-07 10:17
なんかリッパなタイトルがついてますが、はっきり言って

ブログの更新のみを目的とした安直な企画

ですから間違っても期待しないよーに(笑)。


■2月20日 PRIDE.29

 リンヲタ最後の砦であった“怪物くん”横井の「足が攣った」は笑えたけど、シャレにならなかったのが金原。
 伸び盛りのショーグンを相手に、戦前の予想どおりの残酷ショー(の被害者)を演じ、我々良識派(自称)のヲタ連の眉をひそめさせた。まったくひでぇマッチメークですた…。
 ボブチャンチンは激絞りで登場。その雄姿は10年前のロシア・アブソリュート大会の頃を思わせ、オールドヲタは狂喜。パンチ力はそのままに大幅なスピードアップを果たし、ミドル転向第1戦を豪快KOで飾りますた。
 前年鳴り物入りでK-1から移ってきたはいいが2試合連続秒殺負けでハデにPRIDEデビューしたレコはこの日も

“あの”カズを相手に秒殺一本負けという離れ業

をやってのけ、まったく惜しまれることなく“退社”となる(笑)。  その後、詫び状(笑)が功を奏して元の職場に復帰できてよかったね、レコ。給料は大幅ダウンしたろうけど。
 あと、サクちゃんが2月の田村の“査定試合”(=マックモド戦)に「一人だけ楽な試合」とクレーム(『ゴン格』インタビュー)。後に、吐いた唾を飲むことになる(笑)。


■4月3日 武士道?其の六

 「ミドル級GPラストワン・トーナメント」、 憶えてますか?ヲタの皆さん。僕はすっかり脳みそから削除しとりますたよ(笑)。
 メインもヒョードルvs高阪と、『武士道』というイベントがまだ確立されてませんですたね。
 この日CBAのアカーシオに惨敗した高瀬が後にリニューアルした『ゴン格』誌上で

「寝技にこだわって判定までいったら次はノーチャンスということを言われていた」

と激白。
 こりゃ「僕の機嫌を損ねたら君はクビだよ…」と耳元で囁きつつスカートの中に手を入れるハゲオヤジとおんなじですね。 だよねぇ?ドンキーコング(笑)。


■4月25日 ミドル級GP開幕戦

 さあやってきますたよ、05年の目玉、ミドル級トーナメント。
 “鮫の中に混じった金魚”ユンさまの相手役の座を獲得したのは大方の予想どおりサクちゃん(笑)。 吐いた唾のお味はいかがだったでせうか?
 この大会で最も印象的だったのは何と言っても

 やっぱりショーグンがキタ━(゚∀゚)━!!
 
ことですな。
 その一方、かつての速射砲パンチラッシュの鮮烈イメージがオールドヲタをいまだ捉えて離さなかったビクトーがストライカー(のイメージ)のアリスターに完璧な一本負けしちゃったのには一抹の寂しさを覚えてしまいますた…。
 メインでは“和食専門”シウバが吉田と再戦、やや消化不良な内容ながらこれを食しますた。次に食べたいのを訊かれると迷わず

「サクラ?バ!(定食)

 その偏食ぶりにはヲタのみならずフツーの観客たちもゲンナリ…。


続く。 ことができたらいいですけど…(笑)。

★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
金子>小川vs吉田>>>>>>矢沢(笑)
2006-01-05 23:09
本日のWeb報知・芸能ページより抜粋。

(前略)
一方で、格闘技番組の伸び悩みも目立った。
03年に「曙―ボブ・サップ戦」をぶつけて43・0%をたたき出し、瞬間最高で初めて紅白を抜き去った「K―1」は「曙―ボビー戦」の25・8%がやっと(昨年の瞬間最高は31・6%)。矢沢永吉(56)の登場シーンではひとけた台(9・4%)にまで下がった。
「PRIDE」は、金子賢のKOシーンで最高27・7%を記録したが、目玉の「吉田秀彦―小川直也戦」は「曙―ボビー戦」と食い合う形になり、25・5%とふるわなかった。



まあ榊原たんが掲げていた「瞬間最高50%を?」は冗談として流しちゃいたが、僕を含め格ヲタ連が“一般層にも届く”として視聴率的にも注目してたのが小川と吉田の大激突だったわけだが、しかし終わってみれば大晦日格闘技2大イベントにおける瞬間最高視聴率の栄冠は、「誰ですか?」な金子賢さんの“格ヲタ大ヒンシュクマッチ”にさらわれちまいますたか。
ははは。

「“タレント”ではなく、“格闘家・金子賢”のデビュー戦」
「この10カ月間のトレーニングを見て決めたこと」
「我々もハードルを高く設定しているので、誰でも彼でもリングに上げるわけではない」
苦し紛れの“自己弁護”が功を奏したじゃねーの。 よかったね、榊原たん。

しかし、矢沢の立場は…。
“してやったり”だった谷Pよ、どーする?(笑)


★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ヒョードルみっけ♪
2006-01-05 00:48
仕事始めの今日(4日)、あまりの寒さに鼻水たらしながら職場に着き、周囲にテキトーに新年の挨拶をして一息ついた僕の肩をトントン叩くヤツが。
振り向いた僕に、こやつが自分の手に持った携帯の待ち受け画面を誇らしげに僕に見せたと思いなされ。

そこにはなんと!

こやつと“60億分の1”ヒョードルとの2ショット写真が!



「な、なんじゃこりゃあ??!」

殉職直前のジーパン刑事のごとく動転する僕に対し、喜色満面&自慢げに彼が語るには…

1月2日、とある彼のツテより
「いまからヒョードルが保養のために某温泉地(=僕の生活拠点から割と近い)に来るらしい」
との電話があり、当然彼は現地へダッシュした、と。

するとそこには、タニマチだか関係者だかに連れられてきたヒョードルとアレキサンダーが現れた、と。

彼と同じように駆けつけたのか、そこにたまたま居合わせたのかは知らんけど、すでに十数人程度のファンが彼らの姿に歓声をあげていた、と。

ヒョードルとアレキサンダーは、「長旅で疲れてるので…」との関係者の制止もおかまいなく、嫌な顔ひとつせずにけっこう長い時間、愛想よく、幸運な十数人との写真撮影や握手に応じてくれた、と。

件の彼に対しては、ヒョードルとアレキサンダーに挟まれた3ショットや、さらにはアレキサンダーが彼の愛息を抱っこしてくれてヒョードルとともに…、てな具合でカメラに収まってくれた、と。

ヒョードルは思ったより小柄だったけど、握手したその手の分厚さにはおっタマげた、と。

んで、ヒョードルもアレキサンダーもとってもいい人だったよ、と。


かああぁぁぁぁぁぁ?!

な?んで僕に電話くれないのよ!


せっかく向こうからわざわざ九州の片田舎まで僕に会いに来てくれたのに!(じゃないけど。)

彼曰く 「正月なんで電話とかしちゃワリィかなと思って…」


アホぉぉぉぉぉぉぉ! んなこたぁカンケーあるかい!

何があろうと、たとえナニの最中だろうと、

すぐさまティムポを引っこ抜いてスっ飛んで行くに決まっとろーがぁぁぁぁ!

…と思ったけど、よく考えたら僕はその日は、大晦日の非礼&不義理(『男祭り』PPV観戦のために、身内総出の年越し宴会をただ一人欠席)を詫びるべく、嫁の実家を訪れ、親父さんと酒を酌み交わしていたのであった。
それをいきなり、それもまたもや格闘技ネタのために、機嫌直して飲んでくれてる親父さんをほったらかしにしてダッシュできるか? つーとねぇ…。
んー、やっぱこりゃ“ナニの最中?”どころの“重さ”じゃないわ…。orz


千載一遇であるヒョードルとの交流よりも身内との関係修復を選んだであろう僕は、こないだ掲げたばかりの  の看板下ろします…。

★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
みのもんた>P&K連合軍
2006-01-03 22:23
勝者なき大みそか格闘技、紅白に完敗

 大みそか格闘技が紅白に負けた。大みそかのテレビ平均視聴率が2日、ビデオリサーチから発表され、2年ぶりに40%台を回復した紅白歌合戦に対し、フジテレビ「PRIDE男祭り」が17・0%、TBS「K?1 Dynamite!!」が14・8%とともに前年より数字を落とした。PRIDEの小川対吉田、K?1の曙対ボビーなど、注目カードをそろえたが数字的には完敗。両団体がカード編成などお互いを意識しすぎ、数字を食い合う結果になった。
            (ニッカン)

ヲタ連も注目してた視聴率。
そうですか。PもKも去年より落ちましたか。
まあ“食い合い”は懸念されたが、それでも束になってかかってもみのもんたに敵わないとは思わなかったですな…。

しかし、金子某だの韓流スターだの矢沢だのと、去年よりも“本道”から外れるイベントを用意してまで、なりふりかまわず視聴率にこだわった結果がダウンとは笑っちゃうわな。
ヲタ連をないがしろにした報いじゃ。 天誅!(笑)

とゆーことで、もう大晦日はやめてくんない?>榊原たん&谷P
…ってシツコイな、俺も。(^^ゞ

★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大晦日損得勘定
2006-01-02 01:34
MMA ORANGEさんが『男祭り』地上波観戦記をアップされてて拝見しますたが、『Dynamite!!』とは違って一応全試合が放送されたようですな。

結局僕が漢(おとこ)として格ヲタ道を貫くべく、『男祭り』のPPV生&じっくり観戦のために「毎年恒例の、嫁の実家での身内総出席の年越し宴会を欠席」までして、そしてそれが招く「身内との関係悪化」の代償として得たものは、

○ カズvs近藤の1R
○ シウバvsアローナの2R
○ アレキサンダーvsナツラ(地上波ダイジェスト)のカット部分
○ ダンヘンvsブス先生(地上波ダイジェスト)のカット部分

ってとこですか。
「身内総出席の年越し宴会」欠席を決意するに至った直接的原因でありお目当てであったメインの内容、そしてPPV代金3,150円の出費も考慮し損得勘定すると、

失 敗

しますた…。 orz
  ※失敗=[名](スル)物事をやりそこなうこと。しくじること。
身内との関係修復にはおそらく相当な努力が必要でしょうし…。

僕と同じように苦境に立たされたヲタは全国におそらく800人くらいいると推定されるんで(←根拠無し)、もう大晦日にビッグイベントってのはやめませうよ。>榊原たん&谷P
今回の視聴率が大コケに終わってることを切に願ってますよ、僕は…。

★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(1) | コメント(7) | page top↑
『Dynamite!!』?おい!シュルトは?!
2006-01-01 02:42
録画してたのをようやく見終えますた。

あ、遅ればせながら、ヲタの皆さん、あけましておめでとうございます。<(_ _)>
今年もひとつよろしくお願いします。

えーと、左側が僕が勝者と予想してた選手です。


○武蔵(3R、判定3-0)ボブ・サップ×

おわっ!?サップやるじゃん。あの反則はともかくとして、いいパンチ出してたじゃ?ん♪
いやあそこまで武蔵相手にやれるとは思わんかった。
まあ最後はいつもどおりスタミナ切れ、ボディでダウンしちゃったけどさ、ちょっぴり見直したよ。

○魔裟斗(2R、TKO)大東 旭×

おおっ、魔裟斗の顔が怖い。ゴング前、あんなにメンチ切ったりしないよな、たしか。
つーか、そうでもしないとフンイキ盛り上がりようもないしな(笑)。
大東はシューズ脱ぎますた。玉砕覚悟で(笑)魔裟斗を追うが、ほとんどかすりもしない。
そしてやはりローにはまったく対応できず。根性はたっぷり見せたけどあえなく沈みますた。
魔裟斗は蹴りは右のみだったけど、シャープな斬れ味はさすがですたね。

△ホイス(2R、判定無しドロー)所△

「判定無し」だけど、その他の細かいルールはよくわからん。ブレークとかは無しかと思ったらそうじゃないし。
体重差はテロップによると約16キロ。ホイスはやはりギは無し。しかしそのカラダにははっきりと年齢的な衰えが…。
で、失うもののない所の思いっきりのいい攻撃にたじたじのホイス。オイオイ…。
終盤こそ攻勢に出たものの、懸念してたとおりキメ(決め)ることはできず。
正直失望しちゃいますたよ。実質的にホイスの負けね…。

×レミギウス・モリカビュチス(2R、判定3-0)永田克彦○

テレビは2Rから。やっぱり体格差がかなりあるなぁ。
永田はテイクダウンこそさすがっぽいけど、その先は攻め手なくツマラン。ま、しょーがないか…。

○ボビー・オロゴン(3R、判定3-0)曙×

いやぁ?、もうカワイソーだよ、ボノたん…。

<ミドル級トーナメント決勝>
×須藤元気(1R4分39秒、KO)山本“KID”徳郁○

KIDがスピード&パンチ力で快勝。あーあ予想変えなきゃよかったよ(苦笑)。
元気、「まだやれる」ってアピールしてたようだけど、一瞬意識がとんでたみたいだったからしょーがないかな?
でもなんとなく観客も消化不良だったか、KIDのマイクアピールもスベってたみたいね。<五味vsマッハとは大違い


結局テレビじゃあ6試合か。
シュルトvsホーストをなんで外すかねぇ…?<フジの圧力?


★TNX FR UR CLICK!
★★★格闘技blogランキング
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
| 新・24 hour VT People |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。