スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
バラたん困惑?!?PRIDE.33波乱続出
2007-02-25 22:44
ヘェロウ?、アッメ?リカ!

これ、オフィシャルサイトによると、「一語一句丁寧なイングリッシュ」なんだそうです(笑)。
とゆーことで雑感をば。


■2月24日 ラスベガス 『PRIDE.33?Second Coming』

<ライト級・5分3R>
ニック・ディアス(2R 1:45、フットチョーク)五味隆典

五味、最初はのびのびやってるようで予想を上回る快勝かと思ってたけど、パンチで倒した好機を逃したら一気に失速、あとは1発狙いのド素人みたいなパンチ振り回すだけの超“雑”な戦いぶり。
いくらリーチ差があるとはいえ、あんなにパンチもらっちゃうかねぇ?
川尻との大一番で見せてくれた、相手からの「バッティング!」とのレフェリーへのアピールにまるで動じることなくズ、ズ、ズイと前進を続けた集中力。あれがウソのように、終盤スタンド攻防の最中にディアスの傷をチェックするようレフェリーにアピールする“弱々しい姿”が今日の五味のすべてでせう。
最後は攻めにいくとゆーより苦し紛れとゆー形容がふさわしいようなタックルを逆利用されて、まるで赤子がひねられるかのごとくフットチョークでチョン。
しかしたった3分で息切れってちょっと考えられんな。アメリカでいいとこ見せなきゃって力み、ディアスに対する油断、慢心? いや、そーゆーのよりも柔術家に対する苦手意識が根底にあるか…?
何にせよ、これじゃあヒューズやらGSPの名前を出すのはおこがましいぞ。 どーする?! 五味たん。
…でもまたもや燃えちゃったよ。ありがとね♡

<ミドル級タイトルマッチ・5分5R>
ダン・ヘンダーソン(3R 2:08、KO)ヴァンダレイ・シウバ
 ※ダンヘンがタイトル奪取

前日計量ではダンヘンがリミットをかなり下回ってるとのことで、こりゃやっぱ体格差がモノ言いそうだなと思ったが…
きっちり仕上げてきたカンジがするダンヘンに対し、あれれ?なんかいつもより小さくねーか?シウバは。
“萎んでる”とゆー印象は、彼に対するウワサからくる単なる先入観ゆえなんでせうか…?
しかしミルコと比べちゃ酷と思ったシウバの打撃のバリエーションですが、あんた、こりゃはっきり言ってダンヘンにも劣るじゃねーのさ。…あ、いまさらですか?どもスイマセン。
グラウンドでもダンヘンになす術なく押さえ込まれっぱなしで「黒帯」が“インチキ”だとあらためてバレちゃったしなぁ。
やっぱアレ抜きだとこんなもんなんでせうか?シウバの力は。とか決め付けちゃイカンですよ。(^^ゞ
でもこれじゃあオクタゴンでリデルに勝てるとはちょっと思えないなぁ。どーすか?>Pヲタ連


それにしても今大会は波乱続きで、Pヲタの心の拠りどころ=“選手の実力ではウチがホンモノ”とゆー榊原たんのお言葉がヒジョーに疑わしくなっちゃうような無残な結果になりますたな。
期待の日本人チャンプたちはUFCではポリスマン的ランクに過ぎない選手に惨敗しちゃうわ、打倒リデルの急先鋒たるシウバが“いまさら”なダンヘンに倒されちゃうわで(まあこれは、長年待ち望んできたミドルの活性化につながるだろうからヲタ的には喜ばしいと言える…)一から“戦略”を練り直すことを余儀なくされるであろう榊原たんの曇った表情(?)がとっても印象的ですた。

TNX FR UR CLICK!
でも3,150円のもとは充分とれたな、と…(笑)。
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
スポンサーサイト
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
(42型プラズマで観る)PRIDE.33?其の弐
2007-02-25 08:17
“ある種”のヲタ連の心を掻き乱してしまった(笑)、其の壱の続きです。 ド直前でアレですが。(^^ゞ


ショーグンvsアリスター

前回の対戦はともに勢いのある中での激突で、内容的にも両者のポテンシャルが発揮されたスバラシイものですたが、今回、このタイミングでの再戦って必然性がまるで感じられんし、こりゃ乗れんわな。 それに、この2人やらせるなら踏みつけや四点ヒザありの日本ルールの方がエキサイティングな展開になるように思ふ。
でも今回は1R5分だから、スタミナに難のあるアリスターにとっては好都合かも…?って気がしないでもない。
でもやっぱりいまのアリスターに賭ける気にはならん、とゆーオハナシ(笑)。

五味vsディアス

当時ウェルターでの対戦ではあったが、現UFCライト級チャンプのシャークに判定負け(WOWOWではダイジェスト扱いですた。)してるディアスなんかに躓いてはおれんですね、我らが五味たんは!
…といいつつ、ディアスが余計なことをやらかしちゃうのをちょっぴり期待してる僕は五味信徒としてサイテーです(笑)。

シウバvsダンヘン

もともとミドルでは体重的に苦しくて、いまはウェルターでやってて、さらには寄る年波も感じさせるダンヘンがいまさらミドルのタイトルに絡んでくるってのは、いくら“アメリカ大会ゆえ”とはいえ、どうなんでしょ?
前回の対戦はともに勢いのある中での激突で、内容的にも両者のポテンシャルが発揮されたスバラシイものですたが、今回、このタイミングでの再戦って必然性がまるで感じられんし、こりゃ乗れんわな。
…ってさっき書いたまんまやないか(笑)。
それより何より、「我々のPRIDEルールを変えるつもりはない」とかのかつての強気はどこへやらで(単に現実を知らなかっただけ、とも言える)NSACの軍門に下った以上はしょーがないけど、やっぱタイトルマッチのルールが開催場所によって右往左往するのはマズイと思いますぜ。>榊原たん


とゆーことでやっと全部終わりますたが(何を?^^; )、えー、スイマセン。

本日のリアルタイム速報は管理人の都合により中止させていただきます。
いいかげんでホントすいませんです…。 m(__)m

TNX FR UR CLICK!
最終的な勝者予想は、ヨアキム、三崎、ビュー、ハリ、ホジェ、マッハ、ショーグン、五味、シウバ。<我ながらツマンナイ…(苦笑)。
 ↓↓↓↓↓↓
banner.png
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
(42型プラズマで観る)PRIDE.33?其の壱
2007-02-24 09:19
ははは、タイトルちょっと自慢入ってますけどドンマイ、ドンマイ。


さて、いよいよ明日(日本時間)に迫った、PRIDEアメリカ興行第二弾!

…と盛り上がりたいのはヤマヤマだけど、勝敗に興味をもてる心躍るようなカードがひとつもないんだから困ったモンですね(苦笑)。
全9試合といっても、駆け込み追加カードでムリヤリ体をなしたってカンジだし。
えー、「ケチつけるなら見るなっ!」とかお決まりの文句は当然受け付けませんよ。>Pヲタ連


■2月24日 ラスベガス 『PRIDE.33?Second Coming』

ヨアキムvsアイルランド

ヘンに髪なんか伸ばすから“さっぱりくん”になっちゃうんだよ、ヨアキムは。
あんた、ツルッパじゃなきゃフツーの選手なんだからさー。そこんとこ間違えるんじゃないよ、今回は。
ところでアイルランドって誰ですか?(^^ゞ

三崎vsトリッグ

フィリオに喧嘩で勝って(注:自己申告)ウェルターGPを制した三崎がついにアメリカデビュー。
PRIDEジャッジには通用するシャドーボクシング戦法がラスベガスのジャッジにも同じように通用するか、そこが最大の見どころですね。…あ、ウソウソ。いや半分マジ(笑)。
トリッグは昔はともかく、近頃はヒューズとGSPに子ども扱いされててもうアレなわけですが(笑)、いまの三崎の実力測定の相手としてはまあ適当じゃないかと思ふ。 …階級違うけど(ボソッ)。

ビューvsリー

せっかく駆け込み追加してもらったのに悪いんだけどさ、どーでもいいです。
ビュー頑張れ…(ボソッ)。

ハリトーノフvsルソー

ハリの参戦は以前から決まってたものの、最終的にはこれも駆け込み追加となったカード。
かつて『UFC3』で、いろいろあって急遽トーナメントに飛び込み参加となった警察官スティーブ・ジェナムが優勝をかっさらったっつーのがあったが、今回のルソー(彼も現役警察官)にそーゆーのを期待しちゃダメでせうか?…ダメですねスイマセン(笑)。
このところ僕がずっと以前から睨んでたとおりスキを見せてしまってるハリだが、とりあえず今回は復活…だな。

ホジェリオvsソクジュ

「篠原に勝った」ってのがどうもアヤしいとかアヤしくないとか言われてますが、それよりも「幼少の頃よりアフリカの草原を走り回り」の方がアヤしいと思ふ(笑)。>“リアル・ターザン”(笑)・ソクジュ
ホジェリオが愛想無く完勝するだろうけど、胡散臭さタップリのソクジュさん、実はちょい楽しみです(笑)。

マッハvsダンジグ

マッハも実際のところどうなんすかねぇ?
まあ昨年もよく知らないガイジン相手に勝ってはいますが、なんつーかもうこの人からはオーラみたいなもんをまったく感じ得ないんですよ、ぼかぁ。
やっぱPRIDEとゆー舞台では輝けないキャラなのかと…。いや、「じゃあどうすりゃいいの?」って問われてもいまさら答えはないけど。


後半はまたあとで。<たぶん

TNX FR UR CLICK!
例によって明日はリアルタイム速報やる予定です。ああ3150円(税込)…。
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
格闘技 芸の肥やしだ さあ帰ろ
2007-02-21 01:08
金子賢が俳優復帰、格闘家は事実上引退

“タレントゆえ”の特別扱いで出してもらった大舞台でプロ相手に中身のない試合を2つも披露しちまったにもかかわらず3度目の出陣はまたもや大舞台の大晦日『Dynamite!!』。
不退転の決意がホントにホントであるならば、そして、何もできない自分がその道のプロたちと並んでそーゆー舞台に立ってしまうことに少なからず申し訳なさを覚えているならば、せめてアタマ丸めて3度目の正直に臨むくらいの“誠意”を見せたって決してバチが当たることもないだろうに、いきなりおしゃれなシルバーのモヒカンで現れちゃう。
金子賢って人はそーゆー感性で生きてるんです。 所詮はタレントですから。

とゆーことで、“子守り”おつかれさんですた?(笑)。>サクちゃん、魔裟斗

TNX FR UR CLICK!
今度のPRIDEに3,000円はツライ…。
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
たららんタランドス
2007-02-18 11:36
昨年6月の、あの感動の瞬間から8ヶ月…。

見事、5頭(バランスグーの2♂と3♀)が羽化しますたよぉぉぉぉぉぉ?!

タランドス羽化?
右が新成虫♂其の壱。左のは死んだ老虫。

タランドス羽化?
下が迫力のない(笑)新成虫♂其の弐。こっちはまだ赤い…。

つーか「見事」っつーより、羽化早過ぎってウワサがあるが(苦笑)。
まだ完全にカラダがカタまってないから大きさ計ってないけど、こいつらはっきり言って体長70ミリにも届かない チビ ですね。
まあ、銭を惜しんで1Lのボトルしか使ってない分際で多くを望む方が悪いわけですが。
他にもまだ数頭がオトナになるべく“待機”してれるんで、チョビっとだけ期待しとこう。

しかし…
カミさんにウソついて大枚はたいて買ったタランドスの相場、いつの間にか大暴落。
かつては難攻不落とされていたのが、いまや僕みたいな手抜き初心者でもヤレるくらいまでに攻略法が進んじゃってるんだから当然といやぁ当然なわけですが。
“ブリードさせて一儲けしよう”との僕のヤらしい計算はモロくも崩れ去ってしまいますたとさチャンチャン♪<「バチ」?(笑)

TNX FR UR CLICK!
藤田が“出禁”ってときにクワネタやって…格ヲタとして反省しなきゃ。(^^ゞ
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
別窓 | [クワガタ]クワヲタ万歳 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
「どうぞ」と言われても…
2007-02-14 21:11
ボクシング界活性化へ門戸開放

4月から東日本協会長に就任する大橋氏は、都内のホテルで行われたパーティーで、ボクシング人気復活のための斬新なアイデアを披露した。「どんな世界の選手でもボクシングのリングに上がれるようにしたい。ボクシング・ルールで勇気のある人はどうぞ」。

もちろん、100年以上の歴史を誇る日本ボクシングの伝統は堅持する。他競技からの挑戦者にはライセンス取得の条件も付けた。「きちんとボクシングのジムに所属してもらい、プロテストの受験を義務付けたい」。K―1やPRIDEでの実績は関係なく、あくまでボクシング界では“新人”扱い。JBCの判断でライセンスが交付される原則に変わりはない。「来る人は拒まず。いつでも挑戦は受ける」。今後はジムのオーナーの署名を集めるなどして、活動を全国に広める。


もし本気でそれなりの選手を自分の土俵に上げるつもりなら、それ相応の“エサ”とか“実弾”用意しとかなきゃオハナシにならん。
「歴史」やら「伝統」とやらにこだわっていちいちマジメにライセンスがどうだのとか言ってるようじゃ、んな「活性化」なんてとてもとても…。
いまの世の中、スジとおして(アブク)銭稼げるほど甘くはないでしょ。 だよねぇ?谷P(笑)

「勇気」とやらを求めるのは、まず自分らがきっちり“一線”を踏み越えてみせてから、ね♡>大橋新会長

TNX FR UR CLICK!
個人的には“安直”に走るのはよくないと思いますが。つーか誰も相手に…(以下自粛)。
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヘンゾに「喝!」
2007-02-14 01:03
■2月10日 『Elite XC』 へンゾvsフランク (決着編)

もはやいまさらではありますが、問題の2Rの映像です。

フランクに関しては、もとからこの人、自分自身を買いかぶりすぎと見てたけど、それにしても簡単にテイクダウンされてポジションも許しすぎだろ。
もう個人的にはいてもいなくてもどーでもいい存在です。

一方のヘンゾ。
年齢面からも下り坂なのはしょうがないにしても、あの類の反則に無防備で挙句に“KO”されてしまうとは、“武道家”として見た場合、ちょっと情けない。
まあ、この人の場合、以前からかつてのホイスやヒクソンのような殺気みたいなもんが希薄なキャラではあったが、ルールに甘えてしまって緊張感なく“闘い”に臨んでるサマがモロに透けて見えるカンジで、オールド・グレイシーシンパとしてはこーゆーのは萎えちゃいます…。
機会があれば、
「きさまー、恥を知れぃ!」
と一喝してやりたい。 機会なんかないけど(笑)。

TNX FR UR CLICK!
ついでに言うなら、ヘンゾのヤロー、実は裏でベロ出してんじゃないか…?って気もする。(^^ゞ
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
[動画]ヘンゾvsフランク
2007-02-12 08:19
■2月10日 『Elite-XC』 ヘンゾ・グレイシーvsフランク・シャムロック

テレビ画面を映してあるシロモノですが一応見れます。とりあえず1Rのみですが。
そのうち誰かがもっと質のいい画をアップしてくれるでしょ…とは提供者の弁。
問題の2Rも近々アップされるみたい。

TNX FR UR CLICK!
すでにちゃんとしたのが出回ってたらスマソです。
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
怨念成就
2007-02-11 08:56
このキモイブログ主に、どうかバチが当たりますように。

近いうちにどうかバチが当たりますように!

サクヲタの あほ さんの怨念…心のこもったお米が奏効したようで、我が家のメインテレビ(28型)が先月下旬ごろいきなり天に召されちゃいますた。 orz

ああ、こんなことになるのなら、サクちゃんのダメっぷりに鋭いツッコミ(笑)なんか入れるんじゃなかった。
単純に 「ヌル山許せん!」 で片付けときゃよかった…。

おかげでジャマっけなブラウン管とオサラバして薄型テレビ購入する大義名分ができちゃったじゃないの♪


とゆーことで、この数週間は時間を見つけてはテレビ選びに没頭。
PRIDEが買収されるとかそうでないとか、ミルコ圧勝の陰でLYOTOは期待どおり塩だったとかそうでなかったとか、そーゆーのはもう二の次(笑)。
数店の電気屋さんに足繁く通いつつネットで情報を拾い集めて、いろんな角度から検討しまくった結果、最終的には42型のプラズマが我が家のリビングに居座ることとなりますた。
*:.。.:*゜( n´∀`)n゜*:.。.:* キレイ…。

いや、最初はプラズマはまったく眼中になくて、世の流れに身を任せてフツーに液晶にするつもりだったんですけどね。
格闘技みたいな速い動きを追うのに関しては液晶では(少なくとも現段階では)やっぱツライもんがあるな、と。
それにプラズマはバカ高いってイメージを持ってたけど、液晶ブームに圧されまくってるゆえか、思いのほか安いんですね。 42型で20万って、少し前には考えられない“暴落”ぶりでしょ。
まあ他にもいろいろな要素があったんですが、僕のヘソがパンピーより少?し曲がってるってこともプラズマを選んだことに関係がないわけではないと思ふ。(^^ゞ


で、件のお米をくれた あほ さん、
またぜひ怨念…心のこもったお米をお寄せいただきますようよろしくお願いします。
5年前に買ったDVDレコーダー、なかなか壊れてくれないもんで(笑)。

TNX FR UR CLICK!
迷ったらデカいサイズを。これがテレビ選びの“基本”です!
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
別窓 | [日記] ひとりごつる | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
| 新・24 hour VT People |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。