スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
素顔を晒してみる
2007-06-16 07:44
ここを定期的に訪問、または 『NHBnews PRO』 さん経由でいつも間違って訪問してしまい(笑)、
「いったいどんなツラしたヤツがこんなの書いてんだ?」
とお怒りの方も多いと思いますが、僕はこんな二枚目です。







































































・・・
父の日を前に幼稚園にて制作

…う?ん、4歳児にはこう見えてるのか、俺。

まだイケるんじゃないか?
とか、実は日頃思ったりしてますたが、やっぱりオヤジのカン違いですか。あはは?。

とゆーことで、今日は愛ガキの成長に涙腺ゆるませたまま仕事へと旅立つ。グスン…。

TNX FR UR CLICK!
ホイスよ、あんた、どこまで僕をガカ?リさせりゃ気がすむのよ…。
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
スポンサーサイト
別窓 | [日記] ひとりごつる | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
責めもせず握手攻めとはこれいかに??秋山、CFに出現
2007-06-12 02:13
そろそろ秋山関連から足を洗おう(笑)としてたところに、こんなネタが。

秋山がケージフォースに来場

昨年大みそかの桜庭和志戦で“ヌルヌル事件”を引き起こし、HERO’SなどFEGの大会を無期限出場停止となっている秋山成勲がケージフォースの9日・有明大会に金原泰義のセコンドで来場。「試合してる選手の顔を見ると、いいなって思います。練習は普段通り。試合ができるようがんばりたい」と、殊勝だった。東京のファンの前に姿を見せるのは今年初だが、試合後は握手攻めに遭うなど拒否反応は見られなかった。

ぶはは、マジすか。 「握手攻め」にしちゃいますたか。>ヲタの皆さん
「復帰、待ってますよ!」とか「ガンバレ!」とか、きっと現場では飛び交っちゃったんだろうなぁ(笑)。
「格闘技をもっとクリーンにし、すっかり地に落ちたイメージを回復しよう」
とかリキんでみたところで
「…でも(たとえ塗ってるのわかってても)試合はやらせろ」
になっちゃうのと同じく、これも格ヲタの悲しい性…か?^^;



…で終わるのもアレなんで、今回は、前回の記事にお米をいただいた皆さんへレスさせていただきます。


自作自演さんへ。

HNだけ見たときは、“荒らし”が来たのかと思っちゃいましたよ。
僕とモスキートさんのやりとりを指してそう言ってるのかと一瞬…(笑)。

>こんなトンデモ説を知らなくても恥じゃないですよ。平日昼間から2ちゃんに張り付いているような暇人じゃないと知らない。むしろ知っている方が恥じゃないですか?(笑い)

わはは、「知っている」だけで「恥」ってことはないでしょう。
前にコメント欄に書いたように、持ってる情報が多い方がベターとは思いますけど、拾ったものを咀嚼して本当に考察の材料として“使える”レベルのものかそうでないものかを取捨選択しないと、情報に溺れてしまって最終的な判断を誤っちゃうおそれがありますよね。
当たり前のハナシですが、いまのご時世、受け手側に必要なのは“感度”ばかりではないってことです。

>バッシングしたいだけのくせに正義を振りかざしているつもりの顔をしているのは見ていて気色わるいっすね。

無論、秋山やFEGは格ヲタ連に厳しい目を向けられてもしょうがないわけですが、と同時に格ヲタ連も、だからと言って具体的な証拠もなく憶測だけで疑ってかかり彼らを貶めることをヨシとしてはいかんと思いますね。
その認識を持ち得ないヲタってのは「正義」云々どころか、もはや“暴徒”ですよ、暴徒(笑)。


こんにちはさんへ。

『K-1心中』 さんには、うちのくだらない記事を時々とり上げていただき、感謝というより恐縮してるところです…。(^^ゞ

>秋山とマヌーフの罰が一致しないのは、常々、気になっていました。マヌーフは「未遂」だったという違いがありますが、それにしても罰が違いすぎるし、無期限というのは厳しすぎる。

僕は、そもそもマヌーフのアレを「未遂」として扱っていいか疑問なんですね。
秋山やマヌーフに限らず、選手が違反行為をするその目的は何か?と考えると、それは “勝利者になること” に他ならないでしょう。
マヌーフはファイトマネーこそ減額されたものの最大の目的は無事(…じゃないが)果たせたわけで、これはもう“完遂”ですよ。 (元々違反行為を敢行する選手は、ペナルティーくらうことなんて当然覚悟の上でやっちゃうわけですし。)
それを考えると、勝敗の影響がデカい大一番になればなるほど、そういう選手に対してはファイトマネー減額というペナルティーの“効き目”(抑止力)は薄らいでいくことになる。
最初に書いた格ヲタの悲しい性、「…でも試合はやらせろ」も当然作用しちゃうわけだし、いまのままだと正直者がバカを見る、“やったもん勝ち”が認められるリングになっちゃうわけですよ。


イチローさんへ。

拍手ありがとうございました。
しかし、この「拍手」って…いつの間にできたんだ、これ。(^^ゞ


ヤヌーフさんへ。

>2chなんかでは確かによく見ましたし
>PRIDE系(オフィシャルかブログか)でもそんな意見が通ってましたね^^;。

そうですか。 ありましたか“ヤラセ・ムーブメント”が(笑)。
ヲタ連が秋山を「握手攻め」にしちゃうくらい(笑)まで冷静(?)になったいま、この勢力は果たしてどのくらいの規模なんでしょうかね?

>谷川氏が、トーナメント準優勝マヌーフを守るために、松ヤニ塗ってたと勝手に発言したんじゃないかという解釈を自分はしてます。

僕もその線が妥当ではないかと…。
単なるヲタの僕にはマヌーフみたいなタイプの選手が松ヤニを塗ってくるメリットが思いつかないんで、もしあるならば、どなたか解説お願いします。
それによっては、僕は“松ヤニ派”に寝返りますから(笑)。

>日本と外国じゃ塗布物への意識が違うというのはありそうですが。

とくにオランダ系は、むしろ“塗っていくのが当たり前”みたいですからねぇ…。
「ヤラセ」も含めて(笑)諸説ありますが、マヌーフ陣営が(こちらが考えるほどには)大晦日の件もあんまりオオゴトに捉えてなかった、という可能性が一番ありそうな気がしますね。
だからと言って、マヌーフがリングに上がるそのときまで“スルー”してしまったFEGのヌルさに対して抱く思いはなんら変わりはないわけですが。


というわけで、皆さん、お米ありがとうございました。

TNX FR UR CLICK!
ケルブス、産みも産んだり80頭。多すぎ…。 orz
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
何がどう違う?秋山とマヌーフ ?2
2007-06-09 02:25
えー、先日の この記事 に対して、

「秋山批判を続ける(かつ、マヌーフは批判してない)人たち」に向けての「批判めいた意見」を書いた

とのカドで、読まれた方から今後口を封じることを勧められてしまいますた。 いわく「何も知らずに適当な事言うな」…だそうです。(^^ゞ
(これまでのやりとりは こちら。)
すでにそこに書いたものと重なる部分も多くなりますが、果たして

「何も知らずに」僕が書いた「意見」が「適当(=テキトー)」と断罪されるべきものだったか?

ブログ更新稼ぎついでに(笑)あらためて考えてみたい。


そりゃあ単なる中年格ヲタでしかない僕の知らない「事実」なんて、秋山の件に限らず山ほどあります。
しかしながらそんな僕だって、“ライト級”ヲタとして相互リンクいただいてる方のブログやら格闘技関連のサイトやら一般スポーツ紙やら某有名掲示板やらから、常々そこそこの情報を得ようとはしてるという「事実」もあります。

で、そんな中、

3月のマヌーフの塗布行為は、FEGが自分たちのクリーンぶりを「デモ」るための「ヤラセ」

という声があがり、そしてそれは本来“モスキート級”(笑)のヲタながら秋山問題にはご執心の御仁にはデカく響いてきたが、フツーのライト級のヲタを自認する僕には届かなかったのであります。
この「事実」をどう解釈すべきか?

僕の経験では、ある事象について考察しようとするときに欠かすべきでない“必須”レベルの情報が存在するならば、(情報の真偽は別にしても)それはイヤでも勝手にこっちの目に飛び込んできちゃう(笑)。
それを思うと、少なくとも上記した程度には情報収集に努めてるにもかかわらず、件の「ヤラセ」の声が僕の目に付くこともなければ耳にすることもなかったってのは、結局それがそんな程度のムーブメント(?)でしかなかったからでないか?
それを知っていようが知っていまいがどーでもいいような、つまり知らずにモノ言ったところで別に“罪”でもなけりゃ、その考察結果になんら影響もないレベルのオハナシ。
それを知らなかったからって別に口をつぐむ必要なんてまったく感じませんよ、ぼかぁ。


と言うと、「アホ!単にお前がメ○ラなだけだろうが」という指摘も当然出るだろうから、仮にその「ヤラセ」説を“真剣に”唱える(支持する)それなりのムーブメントがあったにもかかわらず、オバカな僕が注意義務を怠って(笑)それを見落としていたとする。

しかし、その「ヤラセ」説そのものをチョイとばかりツッコんでみると、それ自体、結局は

社会的にも糾弾されてわずか3ヶ月足らずのあの時点で、

マヌーフという、これから売り出そうとしてる“商品”をあえて汚してまで、

パン所属の高橋(“身内”でないゆえにイザというときに言いくるめることができるとは限らない)を相手に、

(背負うリスクに比べて)たいしたリターンもないと思われる危険な「ヤラセ」を興行団体としてやるかねぇ…?

とゆー至極当然に湧く疑問を解消してくれるようなきちんとした論拠もなかったりする。
実際、僕を断罪したモスキート級(しかし秋山問題にはご執心)のヲタの御仁から返ってきたのは、先入観や憶測をだらだら重ねたに過ぎない、“妄想”と切り捨てられても文句は言えないようなシロモノ。
結局、「可能性は否定できない」ってレベルのものでしかないわけ。

で、そんな不確かにも程があるような「ヤラセ」説を頼りにマヌーフを単なる「ピエロ」と位置付けることで「秋山批判を続ける(かつ、マヌーフは批判してない)人たち」を“正当化”しようとしても、果たしてそこにどれだけの説得力があるってのよ?

もしこれを論拠にして、僕のように「秋山批判を続ける(かつ、マヌーフは批判してない)人たち」に「批判めいた意見」を述べるヲタに異を唱えたいのなら、マヌーフが哀れな「ピエロ」であったことを、先入観や憶測を重ねるだけでなく具体的な根拠たる「事実」を示してくれなきゃまったくオハナシにならないわな。


じゃあ次に、百歩譲って「秋山批判を続ける(かつ、マヌーフは批判してない)人たち」がメデタクそれをこっちに示せたとして、じゃあこれで彼らが批判を免れるかといえば、これまたそうはならない。
だって、どんなに「ピエロ」という微笑ましいイメージの呼び名でごまかそうとしても、何のこたぁない、要するにマヌーフって選手は
金さえもらえば、しょーもない「デモ」とやらを敢行する薄汚いFEGの片棒を担ぐのも辞さないゲス野郎
…ってことになっちゃうでしょ?(笑)

「ガチ」を謳いながらそこに「ヤラセ」を持ち込む行為は、モスキート級であろうとヘビー級であろうといっぱしの格ヲタならば、当然看過するわけにはいかんでしょうが。
「格闘技をもっとクリーンにし、すっかり地に落ちたイメージを回復しよう」とかリキの入った御仁ならば、なおさらそうじゃないのか?

たとえどんなに厳しくルールを定めたところで、それだけで違反行為をリングからカンペキに排除することは不可能であるのは明白。

結局最後にモノを言うのは、戦う選手たちのプライド、モラルになるわけね。

もし多くの格ヲタが、「格闘技をもっとクリーンにし、すっかり地に落ちたイメージを回復しようとするために」秋山バッシングを継続しているのであれば、こういう「ヤラセ」の片棒を担ぐようなプライドもモラルもない選手がいたなら、これを単に「ピエロ」扱いにとどめて甘やかしていいわけがないし、ましてや こんな扱い さえされてることに違和感を覚えなきゃウソだと思ふ。

さあ、これでも「秋山批判を続ける(かつ、マヌーフは批判してない)人たち」に対して僕はモノ言っちゃダメなのかな?
少なくとも、自分の妄想に酔いしれるしか能がないくせに他人様には一人前にケチをつけたがる偽善者よりは、モノ言う資格があるんじゃないかなぁ?と思ったりするんだが(笑)。


僕があの記事で書きたかったのは、「秋山を復帰させるべき」とか「マヌーフも永久追放にしろ」とか、そーゆーことではもちろんない。
ただ、秋山を“抹殺すべき存在”として今後も扱おうってんなら、一方のマヌーフに対してももうちょっとそれなりの厳しいスタンスを示してもいいんじゃないか、と。
まあ、そーゆーことです。

しかしマヌーフの件は、いまだ8割を超えるという“秋山許すまじ”なヲタ連、
そのうちのいったいどれだけが本当の意味で「格闘技をもっとクリーンにし、すっかり地に落ちたイメージを回復しよう」として動いてるのか
それを測る上でやっぱり格好の材料みたいですなぁ…。

TNX FR UR CLICK!
ねぇ?河野戦、どうなったの?>亀オヤジ
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
亀に睨まれたヘタレども
2007-06-07 20:26
亀田兄弟メーンかけ山ごもり対決 (スポニチ)

【BOX】亀田兄弟、メーンかけて筑波山特訓で家庭内バトル! (サンスポ)

亀田興毅「野獣になる」…7月Wメーン大トリ大毅に渡さん (報知)

亀田兄弟が筑波山で恒例の修行 (ニッカン)

興毅&大毅が“メーン争奪合宿”や (デイリー)


うはは。
どこも コレ にはま??ったく触れてないところが不自然すぎて笑えますな。
そろって亀オヤジの恫喝に下を向いたか?(笑)

呼びつけられて、言われるままにどーでもいいことの“宣伝”でしかない提灯記事書かされて…。

君たち、とりあえずそのペンを折りたまえ。

TNX FR UR CLICK!
いわゆる“大人の事情”ってやつですか…?(苦笑)
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
「伝説」も ホリオンいなけりゃ 大凡戦
2007-06-05 01:39
なんだかんだ言って、結局 “生” で観ました。ネット断ちして。 エライな俺(笑)。

■6月2日 ロサンゼルス 『Dynamite!! USA』

ホイス・グレイシー(3R、判定3?0)桜庭和志

【Dynamite】桜庭、ホイスに判定負け…ヌルヌルの悪夢再び

またヌルヌル地獄…桜庭判定負け

桜庭またヌルヌル負け…Dynamite!! USA

試合中、桜庭が何やら喋ってたが、あれはつまりそーゆーことだったか?
それにしても「ヌルヌル」って、どこもヒーロー桜庭を護ろうと必死すぎて実に見苦しい。揃いも揃ってよーやるわな、まったく。
…しかし報知は「また」「負け」って、たしか秋山戦は無効試合だったはずだが。<思わず記者の“本音”が出たとみた(笑)。

大方のヲタの予想どおり、 やらなきゃよかった で終わったこのリマッチですが、ただ、「前回に比べて今回は…」って文句は間違い。 スジ違いな見方です。
基本的に、今回の試合も7年前の“伝説マッチ”とな?んも変わりはなかった。
両者とも7年前にくらべ衰えてるのは事実だけど、それも本質的には影響ない。

そこにホリオンがいたか? いなかったか?

単にそれだけの違いでしょ、結局は。

TNX FR UR CLICK!
しかし54,000人って…いくらなんでもとばしすぎだろ(苦笑)。
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png

別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
世界戦より亀田戦?そりゃそうですね河野さん
2007-06-03 08:45
河野初防衛…“亀田戦”猛アピール

◆報知新聞社後援 プロボクシングダイナミックグローブ 日本スーパーフライ級タイトルマッチ10回戦(2日、後楽園ホール) 次は亀田だ! 日本スーパーフライ級王者・河野公平(26)=ワタナベ=が、同級3位・三枝健二(24)=新開=を9回1分5秒、3―0の負傷判定で下して初防衛に成功。三枝が4回にバッティングで左目上を負傷し、試合を続行できず判定となった。4年7か月ぶりの再戦を制した河野はリング上で亀田との対決を熱烈アピールした。河野の戦績は19勝(7KO)3敗。三枝は17勝(9KO)4敗1分け。
 「ぜひとも亀田くんとやりたい。相手は天才。自分の力がどれだけのものか試したい」河野が熱望したのは、3兄弟の三男・和毅(15)が募集した、日本人世界上位ランカー限定の100万円懸賞マッチ。渡辺均会長も亀田側との交渉を熱望した。
 和毅がプロではないため“試合形式”は、3分2回のスパーリング。渡辺会長は明確な決着がつくルール作りを提案し、河野も「長いラウンドでやりたい」と希望した。年内を目標にWBA、WBC両にらみでの世界初挑戦も狙う陣営だが、河野は世界戦よりも亀田戦に燃えるばかり。亀田側の反応が注目される。


こんなブザマなハナシも実際にあるくらいだから「世界戦よりも亀田戦」にもなろうってもんだわな(笑)。
河野って選手のキャラは知らんけど、

 「ぜひとも亀田くんとやりたい。相手は天才。自分の力がどれだけのものか試したい」

ってのを ニヤニヤしながら 言ってくれたらサイコーですたけどね。 たぶんそんなことはなかったんだろうな。

そんで亀オヤジは、河野側の“完全決着”の要求にどう応えるんでせうかね?
あれほど吼えといて、

「こっちはやりたくても(和毅が15歳のアマチュアで)JBCや協栄が認めないんやから、3分2Rでやらにゃしゃあないやろ」

とかそーゆー“常識論”いまさら持ち出されたらひどくツマランのでやめてよね♡

とか言ってる僕は、まだまだ亀の“虜”だよな…(苦笑)。

TNX FR UR CLICK!
ドタバタが多すぎてカードすらロクに把握してません…。>もうじき始まる 『不発弾!!』
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| 新・24 hour VT People |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。