スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
ヒクソンこそサイキョッ!
2005-06-12 10:20
韓国・グラジエーターFCでの来場挨拶が直前でポシャったヒクソンがセミナーのために来日。
またぞろ試合するとかしないとかで騒がれつつあるようで。
ヒクソン自身、“現役”を宣言し大晦日興行もその復活の舞台として視界に入ってると語ったのこと。
いま現在、主要スポーツ紙のうち、これを報じてるのはどうやらサンスポだけのようだが。

このブログの「PROFILE」んとこに「ヒクソンこそサイキョッ!」とあるけど、無論これはDSEがやってた「60億分の1」みたいな意味で書いてるわけではない。
長い間「リアルじゃ商売にならん」としてエセガチがガチを騙って大手を振って闊歩する、特殊でいびつだった日本の格闘技界にリアルファイトをセンセーショナルに提示してファンを直接的に覚醒させ、この世界をまっとうな形に“世直し”してくれたことにを最大限に評価し感謝してるってことね。

そういう僕からすると、ヒクソンの仕事つーか役割はもうとっくに終わってると思うんだよなぁ。
具体的には、『PRIDE.1』での高田戦で完結かと。
その後の2試合(『PRIDE.4』での高田再戦、『コロシアム2000』での船木戦)は、アルバムに例えるならBonus Trackみたいなもんかな?
無論その“2曲”にしても、他の“アーティスト”では到底味わえない感銘を受けたわけだが。

高額なギャラ、ヒクソンルール(主催者、TV局のヒンシュクを買う完全決着)、そして適当な相手の不在(ガイジン相手ではテーマとしてどうか?)…。
これらを考えると、ヒクソンのアルバムにBonusがもう1曲追加される可能性は低いと見るのが妥当だろう。

たとえ見た目の動きは少なくともそれを膠着とは言わせない、あのピリピリと張り詰めた緊張感に満ちた“死合”。
もう一度あれを味わいたい気はするけどなぁ…。



★★★ヒクソン情報はこちらでGETできるかもよ。
スポンサーサイト
別窓 | [ヒクソン] ヒクソンこそサイキョッ! | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<速報!タイソン完敗、そして… | 新・24 hour VT People | OCEAN’S TWELVE (Soundtrack)>>
コメント
■ ヒクソン最強
私はホントに強いという意味で、ヒクソンを評価します。今現在最強かどうか分かりませんが、今のトップファイターも多かれ少なかれ、ヒクソンやグレイシー柔術の影響は受けています。情報(試合)は公開することによって、皆の財産になります。でも、まだ皆が気づいていないヒクソンのテクニックもあると思いますよ。
2005-06-14 01:34 | URL | gaucho #-[ 内容変更] | top↑
ヒクソン信徒として実にうれしいコメントありがとうございます。

もしほんとに試合するのなら、ヒクソンには絶対に「完全決着」に関して譲歩しないでほしいですね。
2005-06-15 02:41 | URL | サイコマフィア #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 新・24 hour VT People |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。