スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
Fighting Baton
2005-08-08 14:20
1日あたりの訪問者が100人にも満たないこんな閑散ブログにまでバトンが…。
もうすっかりバトンが回り尽したってことでせうか?(笑)

ここのところ何やかんやでブログの更新もままならないんだけど(“怠慢”とも言う)、勝手に「OKINI BLOGS」に登録させていただいてるtriple-cさんからのバトンを放り投げるような不義理は、いかに僕でもできません…。

とりあえずさらっと書いて次の方へバトンタッチすることにしまつ。

<生観戦した興行数>
興行ほとんど不毛の地に在住で、且つ出不精(近頃は加齢とともに“デブ症”にもなりつつある…)のヲタにはいきなりツラい質問…。
で、総合に関しては、
ゼロ!零!無!Nothing!
どうだ!(笑)
生観戦については、確かに生には生ならではのよさはあるんだろうし、「生で観たこともない分際であれこれ語るな」と言われりゃ「そりゃどーもすんません」なんでつけど、やっぱ基本的にはじっくり試合見るっつーより臨場感つーかその場のフンイキを楽しむがためのもんでしょ。 と、言い訳してみる。
少なくとも、まあ後楽園とかならともかく、高い金払って会場のビジョン眺めるなんてのは僕にはちょっとできんなぁ、ぶっちゃけたハナシ。 と、東京近郊在住のヲタ連への妬みをごまかしてみる。
プロレスなら、旧・全日とか新日とかが地元に来たときとか、猪木vsムタやライガーvs佐山なんかがあったときの福岡ドームとか、あの西日本プロレスの旗揚げ戦(笑)とかちょこちょこ見てるけど、少なくともこの5?6年はな?んもありませんね。
ちなみにコンサートは、10年くらい前の少年ナイフが最後(笑)。

<お気に入りの格闘家>
ヒクソンホイスは現在の総合隆盛のパイオニア、先駆者として。
あと、ジョン・ホーキ(VTJでの池田戦!)、若き日のビクトー(UFCデビュー時のあの速射砲は目に焼き付いて離れない)とか…う?ん、まあ基本的にごく一部を除くほとんどの選手には愛を捧げてるつもりだし(笑)この人ってのはムズカシイ…。
あ、朝青龍は大好きっすね。

<特別な思い入れのある興行/試合3つ>
いやもう、こりゃ誰が何と言おうが、93年のUFC第1回大会は外せないでしょ。
ごくごく幼少の砌からテレビでプロレス見てて、小学校入るころにはその“構造”をすっかり認識・理解してたゆえ、猪木の異種格闘技戦にもUWFにも(ガチンコスピリット的には)ピクリとも反応しなかった僕のてぃむぽが、ヘソにくっつくくらいそそり立っちまったし(笑)。
これよ、これ!俺が見たかったのは!
ってカンジでつか。
あっさりと過激ルールのトーナメントを制してみせたホイスは勿論だけど、オープニングのゴルドーvsトゥリのあのヤバさが選手や関係者に与えたであろう衝撃も見逃せないぞ、と。
次は、日本の“格闘プロレスまんせ?時代”に決定的な終止符を打ったPRIDE.1
前座のいろんなドタバタ劇はもうあちこちで語り尽くされて半ば伝説化されとりまつが、そんなもん、もうメインのヒクソンvs高田ですべて無問題。“終わりよければすべてよし”の典型でつな。
佐山シューティングやらパンクラスやら、そして海の向こうのUFCやら、「なんでもあり」のガチ興行は当時すでにあったわけだけど、日本のファンや関係者が“本格的に”リアルファイトに目覚めることとなったのは、業界を牛耳ってきた格闘プロレスの主役のひとりであった高田が、それまで自分たちが呑み込んできたリアルの側に逆に呑み込まれてしまい為す術なく敗れ去ったこの試合からでしょ。
UFCによって「グレイシー」が注目されてたとかでタイミングやら何やらがヒクソンにうまく作用したってことは別に否定はしないけど、長年日本の格闘技界を牛耳ってきた「リアルじゃ商売にならん」が崩れたのは、彼の強烈なキャラクター、マネーと引き換えに格闘家(アスリート)の魂を売ってきたそれまでの他の連中には到底マネのできない真剣勝負へのこだわり、外野の声に惑わされぬ強い信念などがあったからこそ…というのが、揺らぐことの無い僕の認識でつね。
あとは…そうだなぁ、やっぱコロシアム2000ヒクソンvs船木かなぁ? って、またヒクソンかよ!(笑)
他の誰の試合でも味わえないあの緊迫感、眼窩底骨折しながらもそれをものともせずに戦い続けるファイティング・スピリット、勝機を逃さない冷静さ、そしてどっかの金メダリストみたいに「落ちた!落ちた!」とみっともなく騒ぐこともせず自己の器量と責任において死んでも(?)タップを拒否する相手をきっちりと眠らせて“完全決着…。
たとえ「最強」ではないにしても、「特別」なファイターであることを再認識し、いまもそれは変わらない。
VTが競技化・スポーツ化していくことに別に反対はしないけど、ああいう“決闘”をたぶんもう見ることができないのは残念でつ。

いつかもっとちゃんと書いてみたいもんでつが、とりあえずこんなところでご容赦を。

で、バトンは…
いつもこのブログにコメントいただいてるgauchoさんにお渡ししたいと存じまつ。
gauchoさん、まだバトン受け取られてませんよね?
違ってたらゴメンナサイ<(_ _)>でつが、どぞよろしく!


★TNX FR UR CLICK
スポンサーサイト
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<マッハを捕食せよ! | 新・24 hour VT People | W-1 GP、PPV観ますた>>
コメント
Batonを受け取っていただいてありがとうございます!

>後楽園とかならともかく、高い金払って会場のビジョン眺めるなんてのは僕にはちょっとできんなぁ

これは私も大賛成です。
ン万円払ってリングサイドで見るならまだしも、大会場のスタンドで見ることには私も価値は感じません。

それから、ゴルドーvsトゥリは私も衝撃を受けました。
トゥリの目を狙ってパンチやキックを放つゴルドーの残虐さに痺れたものです。
2005-08-08 23:11 | URL | triple-c #RaJW5m0Q[ 内容変更] | top↑
■ やっと復活ですか?
最近書いてないので、Fhghting Battleのたたりであの世にオメしになったかと心配してました。「特別な思い入れのある試合」は気合入ってますね。私はヒクソンでいうとVTJが印象深いです。なんせ、ヒクソンのファイトを初めて見たもので。
2005-08-09 02:59 | URL | gaucho #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 新・24 hour VT People |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。