スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
BJ vs GSP!?UFC58 WOWOW観戦記?
2006-03-09 23:22
はあぁぁ?、長かった?。
この数日間は、格ヲタとして、きわめて不自由な生活を強いられますたよ。
その間、KIDはやっぱり“クソガキ”だったとか、亀田亀吉くんがアレだったとか、『武士道』のカード(“公然ヤオ試合”含む)が発表されたりとか、いろいろ動きがあったようですが、やはりコレからいかなくちゃあね。


■3月4日 『UFC58?USA vs Canada』

今回の解説は、いつもの高阪に加え、“DSEのキンタマを握ってる男”の異名をとる(とってません)田村タムタムも!…って、別にビックリマークつけるほどのこたぁ個人的にはありません。
そのタムタム、いきなり 「UFCってどのくらいの間隔でやってるんですか?」
おいおい、あんた普段ぜんぜん気にもしてないのか? Pと並ぶMMAメジャー団体のUFCを。よくそんなんで格闘技やってられるよなぁ?(やってられます。)
その後もたびたび「あら?」な発言あり(笑)。

<ライト級>
マーク・ホミニック(2R1分53秒、三角絞め)イーブス・エドワーズ

今回からいきなり復活したライト級。
ホミニックとやらは初参戦。キックボクサーとのことだが、試合のほとんどを占めたスタンドでキックを繰り出すでもなく専らパンチ。
2R、スタンドでやや打ち負けたイーブスがテイクダウンしグラウンドへ。ああ、こりゃダメだな、ホミニックとやら…。
しかしホミニック、もたつきながらも下からの三角キメて、“ライト級最強”(byダナ)のイーブスをきっちり仕留めちゃいますた。
ちなみにタムタムは、ホミニックのもたつきに「俺ならもっとスムーズに…」と言わんばかりですたけど何か?(笑)

<ミドル級>
ネイサン・マーコート(3R、判定3?0)ジョー・ダークソン

『UFN』を経て“本戦”は初登場となるネイサンが、ダークソンのタックルつぶしてフロントチョークに。ダークソンがなんとか逃れ、少しばかりグラウンドでもつれたと思ったら…
あら? もうブレーク!?
UFCのブレークのタイミングは回を追うごとに加速度を増してるカンジだが、それにしても早い。
こんなんでホイスはマジでヒューズとやるつもりなのかねぇ…?<あんたの“キメ力”じゃあ、まずムリだと思うんですけど。
えー、試合はややブーイングも飛び交う中、ネイサンが文句無しのジミさで見事デビューを飾りますた。<テキトーだなぁ。(^^ゞ

<ウェルター級>
ジョルジュ・サン・ピエール(3R、判定2?1)BJ・ペン

お?っとぉ!早くも、僕が不自由な生活を余儀なくされる直接要因となった、今回の超目玉カードの登場だ?!
ちなみにタムタムは、試合前「BJって強いの?」と周囲に訊いてたことを高柳アナに暴露されてますた(笑)。
GSPは、昨年BJに判定負けしたヘンゾの道場で練習し、BJ攻略法を伝授されたとか…。とにかく気合が入ってます。
一方のBJは、ヒューズから奪ったベルトを腰に入場。なんか目の下にクマつくってて疲れた様相に見えたけど、オクタゴンに入るなり早くもファイティングポーズ。相変わらずやる気マンマン。場内の声援もスゴイ。
BJコールの中、相変わらずの目のよさと素晴らしい当て感でスタンドで優位に立つBJ。鼻血、そして右目下からも出血(試合後のインタビューによると、BJの指が目に入ったらしい。)したGSPは、組み付いてテイクダウンを試みるもバランスのいいBJは倒れてくれない。
ラウンドインターバルではGSPに早くもドクターチェックが入る。
2R。しつこく食らいつき、ようやくGSPがテイクダウンし上に。しかしBJはオープンガードで足を利かしGSPの追撃を許さない。GSPは終了間際にも再度テイクダウンに成功するが、BJの拳により顔面は朱に染まっている。
3R。今度はリフトアップしてテイクダウンしたGSPだが、やはりBJを追い込むには至らずスタンドに戻らざるを得ない。金網に押し込んでいくのはGSPの方であるが…。
両者に疲れが見えてきた残り2分、初めてBJがタックルへ。こらえるGSP。あとは精神力の勝負だ!
残り1分、ここでGSPがまたもテイクダウン。“絶対に負けられない”という気迫が伝わってくる!
BJも下からオモプラッタ的にGSPの右腕を殺して(なんですか、ありゃ? 単なるヲタの僕にはわかりません…。)GSPの顔面にパンチ…。
実質的な与ダメージではBJだったと思うが、ジャッジはテイクダウンして上をとり続けたGSPに。でもこりゃもう、どっちに転んでもいい接戦、熱戦ですたなぁ。個人的にはGSPの“気迫勝ち”としたい。
GSPはオクタゴンでの勝利インタビューで、BJに敬意を表しつつヒューズのタイトル挑戦を満員の会場にアピール。
“USA”が負けた腹いせか、観客の反応にはブーイングもあったが、こりゃ文句なしでしょ。
そして、試合前に酷評(?)してしまったBJですが、こちらもやはり強いですなぁ…。しばらくは階級をフラフラせずウェルターに腰を据えて、三つ巴のハイレベルな闘いを繰り広げていただきたいものです。


…と、ここで実に珍しく、愛ガキ1号が「今日はパパと寝たい」とのたまっておられるので、とりあえず打ち切り。
続きはまた。<maybe(笑)。

TNX FR UR CLICK!
無事“生観戦”できた同志も、格ヲタ失格(笑)の友も、とりあえずポチりよろしくお願いします。<(_ _)>
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
スポンサーサイト
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<『武士道』で公然ヤオ試合!? | 新・24 hour VT People | 本日、気になった二人>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 新・24 hour VT People |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。