スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
奇跡は起きるか?ホイスvsヒューズ
2006-05-27 21:25
■5月27日 『UFC60?HUGHES vs. GRACIE』
<ウェルター級>
マット・ヒューズvsホイス・グレイシー

どうやったらこんなカラダがつくれるのか?(笑)
毎度おなじみ、ホイスのヒンジャクっぷり…

今大会、サクちゃんがわざわざ会場観戦するそうで。
どうせ敵地に乗り込んで戦う度胸なんて無いんだから、この大一番の前に神聖なオクタゴンにヘラヘラ顔でしゃしゃり出てくるような無粋はカンベンしてもらいたい(笑)。
とゆーわけで、いよいよ迫ってまいりますたなぁ。
今回は他のカードなんかどーでもいい。この1試合だけで僕のヲタてぃむぽは直立ですっ!

といっても、以前から言ってるように勝敗は見えている。
ヒューズがよっぽどのアクシデントに見舞われでもしない限り、ホイスの勝つ目は無い(はず)。
5分3R。
膠着ブレークはメチャ早。
とにかくグラウンドで下にいる方が圧倒的不利な判定基準。
ホイスよ、あんた、これで戦ってマジで勝てると睨んでるのか?

それでもなんとか“目”を見出そうと試みるなら、過去のヒューズの黒星が柔術系の技術の前に喫したものが多いってことか。(デニス・ホールマンにチョークと腕十字で2回、BJ・ペンにはチョークで、いずれも完敗)
しかしホイスの柔術家としての技術レベルには、彼をヒクソンと並んでリスペクトしている僕でも疑問符をつけざるを得ないってのが正直なところ。
本人は“ヒクソンの10分の1”と称していたが、実際はそんなレベルにもないのではないか…?
(余談だけど、昔、まだホイス全盛の頃、ヒクソンがインタビューで「練習ではホイスに負けることがありますか?」と訊かれて、「Never, never」と “苦笑しながら” わざわざリピートして答えていたのを読んだ記憶がある。)
最近(大晦日)では自分よりはるかに小さい所相手にさえアップアップの戦いぶりでキメきれなかったホイスが、近頃はグラウンドテクの上達も著しい“牡牛”を15分の短い間に仕留めちゃうとは到底思えない。
次に、じゃあホイスがヒューズをテイクダウンして、キメきれないまでもグラウンドで上のポジションをとり続けることができるかっつーと、これもまず考えられない。

いや、悲しいけど、もうこれ以上あれこれ考えるだけムダって次元じゃないかと…。

はっ!?
もしかして、いや、まさかとは思うが、ホイスは長く封印されていてグレイシー一族でもごく一部の限られた人間しか知らない秘技を…、アレを解禁しようと決意したのでは?
やめろ、やめるんだホイス。 あれだけは、あれだけは…。

とか無いよね、やっぱ。(^^ゞ

TNX FR UR CLICK!
WOWOWで29日(月)22時OA! 当然ネット断ちして“生”観戦ですっ!
 ↓↓↓↓↓↓
banner.png
スポンサーサイト
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<奇跡は起きたか??タランドス編 | 新・24 hour VT People | 徳山くん、とっとと引退しなちゃい。>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 新・24 hour VT People |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。