スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
VARIOUS ARTISTS / THE BRIDGE : A TRIBUTE TO NEIL YOUNG
2006-11-11 00:53
自慢じゃないけど自慢しちゃいますが、僕は一昨日そして昨日と、

癒しの女神Kちゃんと2人っきりでドライブしてしまいますた!
※Kちゃんとは、激忙の職場における僕のマドンナ(笑)です。

まあ残念ながら(つーか当然ながら)仕事絡みのことではありますたが、彼女が他の♂同僚どもには目もくれず(?)連日僕の助手席を選んだのは偶然? それとも…
とか勝手に妄想しつつ、とくに昨日は夜!だったんでハァハァを抑えてヘーゼンを装うのにかなり苦労しますた。
でも、しかし、それでも、そのとき中年オヤジは確実に幸せですた…。

V.A / THE BRIDGE

で、僕は車通勤なんですが、この1ヶ月くらいほとんどずっとこれ(↑)聴きながら運転してます。

ここでいきなりぶっちゃけちゃいますが、僕のロック歴(笑)は、カーペンターズ→ビートルズ→産業ロック(苦笑)→ニューウェーブ(死語?)→アノラック…という変遷で、つまりはニール・ヤングなんてロクに聴いてねーんですわ。スマンネ。
だもんで89年の発売のこのトリビュート・コンピは、別にヤング翁なんてどーでもよくって、個人的にオキニだった連中が多く参加してるという、ただそれだけの理由で当時即買した1枚です。

結果“アタリ”だったわけですが、とりわけ僕の脳天にガーン!と食らわしてくれたのがSONIC YOUTH
連中が選んだのは、 Computer Age なる、ヤング翁ヲタなら唾を吐き捨てずにはおられない、駄曲の誉れ高いナンバーですが(言い過ぎスマソ…)、こいつを疾走感ありまくりにまるで我がオリジナルのごとく見事に料理してくれてます。 とにかく(・∀・)カコイイ!!
とゆーわけで、初聴以降いまに至るまで、こいつは“サイコ的・墓にまで持って行きたい曲”のひとつとしてずっとランキングをキープし続けとります。
ネットで試聴…つーか、これ書くためにちょっとググってみたところ、とりあえず1曲モロ始めから終わりまで(音はプアながら)タダで聴けるサイトがありますた。
ちょっとアドレスのっけるのは気が引けるんで、モノ好き&気が向いた御仁はぜひ探してみてください。<ちなみにあっという間に見つかります。>computer age sonic youth

あと、“オカルト坊主”率いる変態前衛集団PSYCHIC TVが演ってる、(後にかのSAINT ETIENNEもカバーしヒットさせた) Only Love Can Break Your Heart 、これもまた素晴らしかですよ。
他にもPIXIESやらFLAMING LIPSやらの佳曲がズラズラ。まあこのへんはそんだけオリジナルが魅力的ってことなんでせうけど。

とゆーことで、Kちゅわん、またドライブしようね。今度はプライベートで♡
…ああいかん、またも妄想が。

TNX FR UR CLICK!
NIKKI SUDDEN(元SWELL MAPS ← マストです!)、今年3月に死んでたんですね。全然知りませんですた…。合掌。
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
スポンサーサイト
別窓 | [Rock] 本日の1枚 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<クレイジーキム祭りの謎&長谷川オメ! | 新・24 hour VT People | 報知が消した“捏造記事”を晒す(笑)>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 新・24 hour VT People |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。