スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
三崎は反則だろっ!(注:1月3日現在)
2008-01-03 23:50
えー、スキだらけの前記事でありましたが…「いつもそうだろ」って追撃はご勘弁(笑)… 『K-1心中』 さんに思いっきりとりあげてもらったり、コメント欄でありがたいご指摘をいただいたりで、ちょっとビックリしております。^^;

しかし僕のアタマが悪いせいかもしれんけど、『やれんのか!』…あ、一応やれたみたいなんで“?”の表記はやめますた(笑)…のオフィシャル・ルールの「主要ポイント」とやらで示されている、

グラウンド状態において、両手両足など身体の部位4点がマットについた状態、いわゆる「4点ポジション」状態

■4点ポジションおよび“猪木-アリ状態”における足による加撃について
いわゆる頭部・顔面へのサッカーボールキック・踏みつけは反則とする。

【反則】
×4点ポジション・“猪木-アリ状態”から頭部・顔面へのサッカーボールキック、踏みつけ
スタンディング・ポジション状態の選手によるグラウンド・ポジション状態の選手への顔面・頭部へのキック・踏みつけは禁止とする。


とかを読めば読むほど、あのKOシーンを是とするか非とするか、わかんなくなるから困ってしまふ(苦笑)。

なんかいま現在はですねー、あのとき秋山が「四点ポジション」だったかどうかよりも、

秋山が三崎のパンチ食らって倒れてから立ち上がるまでの時間

が、『やれんのか!』のオフィシャル・ルールで言うところの 「グラウンド・ポジション」 にあたるか、否か?
それが重要な気がしております。

それに重きを置くならば、個人的には、あのときの秋山は“立ち上がりきってはいない体勢”だったんだから(修斗やボクシングに倣って)まだダウン状態にあると見なすべきで、そのダウンの時間は「グラウンド・ポジション」にあたるんじゃないかと思ふのであります。

となると、そこへ放たれた三崎の蹴りは やっぱ反則! だろ。 ← サイコマフィア感・H20年1月3日現在(笑)

つーか、「主要ポイント」で誤魔化さないで、オフィシャル・ルール全文と、語句の“定義”を早く晒しなさいよ。>『やれんのか!』実行委員会


【おまけ】 FEGオフィシャル・サイトより
         ↑↑↑↑
      あら?! 「両手両足」が… (^^ゞ


TNX FR UR CLICK!
それにしても、KIDは三崎に感謝だな…(苦笑)。
 ↓↓↓↓↓↓

banner.png
スポンサーサイト
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<三崎はセンセー失格 | 新・24 hour VT People | 「四点ポジション」と三崎の精神性(笑)について>>
コメント
際どい裁定なのだからなんで試合が終わった直後に映像なりで確認しなかったんでしょうねえ
高田はビンタしている場合ではないだろうと(笑)
2008-01-04 00:58 | URL | 茂 #-[ 内容変更] | top↑
明らかに反則ではなく、三崎選手の勝利かと
思います。
統括本部長も三崎選手の顔を張るのも当然かと
思いました。
2008-01-04 02:37 | URL | ?? #YmpeaqZA[ 内容変更] | top↑
間違って開けてしまったついでにコメントします。
三崎の蹴りは販促です。
理由は次回間違って開けてしまったときに書きます。
2008-01-04 16:33 | URL | 名も名乗れぬ小心者 #-[ 内容変更] | top↑
つーかみみっちいこと言うなよ。
秋山はダウンとったのにその後つめられないで結果KO負け。
三崎は躊躇なく蹴りぶちこんで鼻へしおりKO勝ち。
手がついてるかついてないかなんて後から文句言うなら、慌てて起き上がらず<4点ポジション>とやらで逃げればよかったんでねえの?
2008-01-04 18:24 | URL | 名も名乗れぬ小心者 #-[ 内容変更] | top↑
その躊躇なく蹴りぶちこんでってのが不味いんだが。
2008-01-04 23:43 | URL | 芝 #-[ 内容変更] | top↑
1、一番近くで見ていたレフリー&ジャッジが反則をとってない。
2、最初の左フックはそれほど深刻なダメージでなかったので
  躊躇していたら逆転される可能性もあった。

以上の理由から不味い理由等どこにもない。

三崎はダウン取られても慌てなかったし、追撃ももらわずうまくさばいていた、秋山はそれほどダメージも無かったからなのか下になりたくなかったのか、かなりパニック状態になって起き上がっていた。
後からケチつけるなら亀にでも猪木アリにでもなってうまくさばけばよかった。
それが勝敗の分かれ道になった。
なぜそれが三崎にできたかというとやはり<経験>の差だろう。
かませとばかりやってきた秋山は一発もらって慌てていたけど、世界の強豪と戦ってきた三崎は冷静に対処できたいたから。
2008-01-06 20:00 | URL | 名も名乗れぬ小心者 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 新・24 hour VT People |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。