スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
[プロ格] PRIDE.29 PPV観戦記
2005-02-23 16:30
p29-3.jpg

○マリオ(1R 9分8秒 レフェリーストップ)横井×
マリオ、TV画面からでも体に張りがないカンジがしたんだが、絞り過ぎで失敗したんじゃないのかなぁ?
(…とか勝手に思ってたら、んなこたぁなかったそうでつ。← 試合後のインタビュー)
ゆえに横井が渡りに船とばかりに、「大器」だの「怪物くん」だのをめでたくキープしちゃうかと思いきや、あの体たらく。
え?なに?足が攣った? わかった、もういい、下がっていいよ(苦笑)。
無差別戦でこの老雄を撃破した近藤が強いのか、それとも単に横井が弱いのか知らんけど、まあ何にせよ、マリオのGP出陣にはあんまり乗れんのだが、僕は。

○ファブリシオ(1R 5分41秒 チョーク)トムエリ×
本番前に手持ちの『ジャングルファイト1』を再見してファブリシオを復習しとこうかと思ったら、ものの見事に、編集してのDVD化の際に彼の試合をカットしちまってた…。
見る目ないのか?オレ(笑)
予想に反してトムエリ奮闘…と思いきや、あっという間にガス欠(?)となり、ファブリシオは“第2のバットマン”ならず(笑)。
ところで最後のチョーク、ちゃんと決まってたの?トムさん。

○ショーグン(1R 1分40秒 KO)金原×
もういいよね、金原。予想どおりの残酷ショーで、とくに言うこともなし。
「ニーノって、まだCBで頑張ってたのね」 それだけかな?

○ボブチャンチン(1R 1分10秒 KO)高橋×
お?、ボブ、予想を上回る精悍さ!
さすがにあの10年前より老け顔なのはしょうがないけど、ミドル級では敵無しのパンチ力+格段のスピードアップを引っさげてGPを制し、“第二のクートゥア”となってくれぃ。
しかし高橋って、せっかくの出陣なのにパンヲタ連の反応も鈍くて、ちょっと同情(笑)。

○中村(1R 55秒 レフェリーストップ)レコ×
あ?、もうレコって最初から目が死んでるじゃん(苦笑)。
あんなに見事なまでにノーダメージのパンチラッシュなんて総合ではあまりお目にかかれないし(笑)、ゆえに最後のストップはちょっと疑問だったが、とにかく3試合連続(しかもすべて日本人選手相手)で“正真正銘の秒殺”喰らうなんてのは、今後、誰も超えられない大記録だろうな…。
しかしカズよ、あの年末の“茶番”をもって「ハイアンが逃げた」と非難するのなら、そのハイアンに対戦要求されてシカトしてるあんたの師匠はどうなのさ?(笑)
そもそも、自分より強いヤツとやりたいってヤツに向かって、「逃げた」とは言えんだろ。
あんたが、自分を師匠より上に置いてる、ってんならわかるが、つまりは、遠回しにそうアピールしたかったのか?
実際、僕は個人的にそう認識(中村>吉田)しちゃいるけど、まだあんたにゃそれを口にする資格はないと思うよ。

○ハリトーノフ(1R 3分23秒 KO)ムベ×
コール時に呑気に客席に手を振るムベ様。
数分後に起きるであろう惨劇を知ってるか否かはわからんが、その姿に思わず涙ぐんでしまったのは僕だけでせうか?
しかしよかった。今大会の“残酷ショーその2”は間違いないと思ってたけど、そうならなくて。
惜しむらくは、あのチョークをムベ様が我慢しちまったことだ。
あそこでタップor落ちてたなら、少なくとも“予想”で提案した「サイコ特別ルール」においては、堂々勝ちを得られたのに(笑)。
ま、結局終わってみれば2-0でハリトーノフ完勝ですた。(^^ゞ


ここまですべて1R決着でさくさくと進行。テンポ良過ぎるくらい。
まあ少なくとも第3?6試合は、「鮫vs金魚」だもんな…。


○田村(1R 5分6秒 TKO)マックモド×
噛ませ犬のマックモド、思ったよりいい体はしてますた。(^^ゞ
が、“秘技・ハイジャンプアタック”を迎撃した田村の膝が急所を直撃し、悶絶!
彼があの秘技で何をやりたかったかは不明だが、確実にタマ蹴り上げられたのは間違いなく、戦闘不能状態に。
榊原たん、あれだけキツそうならフツーはストップなんじゃないの?(笑)
その場合にPRIDEルールでは勝敗がどうなるかは知らんけど、あれじゃあまるで田村の“査定”を通すために無理矢理続行したとしか見えなかったぞ。
ま、経緯はともかくとして、マックモドの「戦意喪失」って部分は、予想が見事に的中だ(笑)。
ちなみに、地上波では、「金的で大ダメージのマックモドにファイト続行を“強要”」とか「長いインターバルを経た再開後、『やっぱ、オレ、ダメだわ…』というマックモドのアピールにも知ら?んぷりのレフェリー野口」とかの“重要シーン”が見事にカットされてますた。
あれじゃあ、実際を知らん視聴者に
「PRIDEってのはなにか?キンタマ蹴ったら勝ちになるんか?」
とカン違いされても文句は言えんわな(笑)。
最後ドサクサの中、桜庭が田村にマイクアピールしてますた。
予定されてた“演出の目玉”だったんだろうけど、こないだのハイアン&カズに続いてスベったな、DSE。
まあそれなりに歓声は起こったけど、それだけ…ってカンジ。

○ホジェリオ(3R 判定3-0)アリスター×
いかんな?、「鮫vs金魚」続きのときは軽やかに開いてたのに、「さあこれから…」のこの試合のときに瞼が重くなっちゃったよ(笑)。
で、やっぱり両者とも決め手に欠ける“中の上”の位置付けが適当なところで、GPでは脇役止まりだろうな。

○乱屁児(3R 判定2-1)ニンジャ×
台風の目である乱屁児が、その宿敵シウバの弟分にまで負けちゃったら、こりゃ盛り上がらんもんね、GP。
そう勘繰りたくなるほどのインチキ判定だったね。
しかし、ホームレスのギミック背負わされてた噛ませ犬が、いまやプロテクトされるまでに出世したってことか…。
それを想えば、感慨深いものがあるな(笑)。
懸念してたとおり乱屁児は調整不良だったようで、ショーグンの対戦要求には、DSEのオファーの仕方への皮肉を込めて“素”で応えてますたな。

○ミルコ(1R 3分42秒 KO)コールマン×
くそ?、コールマンめ。
ヒョードル戦では僕の「2分以内」の予想に対し「3分足らず」で応え、今度は「3分以内」に対して「4分足らず」かよ。
微妙にハズしやがるぜ、まったく(笑)。
高田は、なおもまだ、「ミルコは(コールマンみたいな)あんなタイプが一番イヤな相手」とかいうことを言ってたが、極め(決め)がないタイプじゃあ相手にならんよ。
ま、勝負に“絶対”はないけどさ。
スポンサーサイト
別窓 | [プロ格] La voz de 格ヲタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<[プロ格] 武田さん、逝ってらっしゃい。 | 新・24 hour VT People | [プロ格] ハナシにならんKIDの欠場>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 新・24 hour VT People |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。