スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
[映画] 猟奇殺人の夜 THE NIGHT OF THE HUNTED ('80)
2005-04-29 00:32
20050429002726.jpg

フツーの映画好きは決して関わるべきでない監督のひとり、フランスが誇る意味不明エロ・ホラーの巨匠ジャン・ローラン。
ポルノが“本職”であった彼のこの作品、若いオネーチャンの裸(=ヘア無修正。ただしオッサンのティムポも約一本登場…orz)がいっぱい出てくるわ、不必要なまでに長いエッチシーンがあるわと楽しませてもくれるんだが、まあとにかく展開がぬる??い。ふわぁぁ?(-o-)/
「まあローランはこんなもんよ」とあっさり納得しちゃうツワモノは別にして、“目に鋏”のスチール写真、ジャケに期待して観るのは止した方がいいでつね。

そして、「人類を破滅に導く近未来ヴァンパイアの恐怖」
これ、DVDの裏ジャケの謳い文句だけど、
どこがやねん!
もう怒るをとおり越して笑ってしまうわん。
別窓 | [映画] ホラーノススメ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
[映画] ゾンビ3 THE NIGHTS OF TERROR ('80)
2005-04-11 23:04
zombie3.jpg

な、な、なんじゃこりゃあ?
何か恐るべき秘密(死者の復活かなんかだろう…)を知ったうっとおしい髭の学者かなんかがいきなり蘇ったゾンビに食い殺されて始まるこの映画、その後のストーリーなんてないっ!全然ないっ!
耳障りな安っぽい電子音(どうやらこれがゾンビ連の“入場テーマ曲”か)が鳴り響く中、ただひたすらいろんなばっちぃ顔したゾンビたちがその学者邸に遊びに来てた人々を襲って食い散らかすというだけ。
何のひねりもないまま、結局全員食い殺されてジ・エンドって、おいっ!

この映画つくった人は、そのばっちぃゾンビメーク(=『サンゲリア』風)をたくさん見せたかっただけだろうな、たぶん。
不必要なまでに個々のゾンビの顔を長回しで撮ってるし。
ちなみにこの映画のゾンビ連中は、ただヌボーっと迫ってくるだけでなく、そこらへんにある斧やら鋤みたいな道具を器用に使いこなしてみたり、全員で大きな丸太を抱えて「せ?の!」でドアをぶち破ろうとしたりと、何故か知的レベルが高いのが特徴でつ。
だから何なの?なんだけどさ。(^^ゞ

  • [映画] ゾンビ3 THE NIGHTS OF TERROR ('80)の続きを読む
  • 別窓 | [映画] ホラーノススメ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
    [映画] ツールボックス・マーダー TOOLBOX MURDERS('03)
    2005-04-10 20:25
    20050416224300.jpg
    ホラー苦手な人に『悪魔のいけにえ』の面白さを説いて強引にビデオを貸すのが趣味である僕だが、かの作品以外は実際そうでもないんだよねぇ、トビー・フーパーって人は。
    『悪魔の沼』にせよ『ファンハウス』にせよ、そりゃまあ嫌いじゃないけどさ。

    で、この作品、『悪魔のいけにえ』にインスパイアされて78年につくられた"THE TOOLBOX MURDERS"をトビーがいま風にリメイクしたものだそうだが、僕的には『サスペリア』meets『ハロウィン』だな。
    ヒジョーに安直でスマン(笑)。
    あの『悪魔のいけにえ』をつくったトビーの作品ゆえにどうしても辛く評価してしまうって気もするし、逆に、これが別の監督の作品だったなら酷評しちゃうけどトビーだから許せるってカンジもするんだよねぇ。

  • [映画] ツールボックス・マーダー TOOLBOX MURDERS('03)の続きを読む
  • 別窓 | [映画] ホラーノススメ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
    [映画] ワイヤー・イン・ザ・ブラッド WIRE IN THE BLOOD ('01)
    2005-03-29 21:31
    20050416173204.jpg

    ヨーロッパ等で放映禁止の前評判から、よっぽどヒドイ殺人描写なんかがあるのかと思いきや『セブン』系のフツーのサイコ・サスペンスですた。

    飽きさせない展開で、ゲイ・SMを軸に女刑事と組んだ心理学者が猟奇的な犯人像をプロファイリングしていく様はまあそれなりに面白い。
    だが、それならそれで最後はもうちっとマシな、“らしい”犯人用意してくれよ?。
    捻りも深みもないエンディングがすべてを台無しにしてるな。
    『殺しのドレス』の方がずっとオモロイね、これじゃあ
    別窓 | [映画] ホラーノススメ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
    [映画] 悪魔のオペ POSSESSED ('84)
    2005-03-19 23:59
    PDVD_008.jpg

    こないだ日記に書いてた、300円でゲットしたブツ。

    「文明から見捨てられたとある村に続いて起こる不思議な恐怖の死。保安官はさっそく悪評高き療養所の調査に向かう。血なまぐさい死が続くなかで、療養所の所有者ブラックウッド博士に対する疑いは日毎に高まるばかり。次第に博士の患者を生けにえにした不道徳な実験の数々が明るみに…。」

    パッケージによるとこんなハナシで、ちょっと期待したんだが、うわ?、さすがはMIMIが世に送り出しただけあって、かなりハイレベルのクズっぷり(笑)。
    人間の邪悪な心を“有形化”することに成功したキチガ…いや、キティーな博士はまあいいとして、この邪悪な心のカタチとやらが、なんせ単なる「数本の赤いヒモ」だもんなあ。
    この「ヒモ」がぴろぴろとうごめき獣のような唸り声をあげながら人を襲うシーンが数度出てくるんだが、「ギャー」だの「ウワァ?」だのと叫んでごろごろと転げまわる一人芝居を要求された役者さんたちには、観賞者として同情を惜しむわけにはいかん。

    あと、個人的に気になったのは、キティー博士の奥さんの年齢。
    オバサンとは思うんだが、その割には(時代背景を抜きにしても)ミョ?に若い格好してるのが解せないんだよねえ。
    ラスト、保安官の手によって爆死したはずの邪悪な心の塊に襲われたこの人が、悲鳴をあげながら後ずさりするシーン(=写真。もはや、例の「ヒモ」すら画面に出てこない手抜き演出が悲しい…)、テレビから強烈なオバサン臭が漂ってきたようで閉口しますたよ、わたしゃ。(-.-)
    別窓 | [映画] ホラーノススメ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
    BACK | 新・24 hour VT People | NEXT
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。