スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
ナメられてまつ、ニッポン。
2005-06-22 07:12
■ 6月22日 ケルン『コンフェデレーション杯 ドイツ 2005』
日本 vs ブラジル


「彼らは疲れてるから、次の準決勝のために温存する」

ブラジルのパレイラ監督がFWロナウジーニョ、MFカカ、エメルソン、DFジウベルト、GKジダらの主力選手を先発から外して日本戦に臨むらしい。

いやぁ?、さすがは世界チャンプ。
ジーコの「ブラジルはプレッシャーがかかる厳しい立場にある」との指摘を笑い、日本のサッカーヲタ連の「本気モードのブラジルとやれる!」との興奮を見事にスカしてくれます。
もともとブラジルは今大会へのモチベーションが低いとのハナシもあったそうだが、
「アホくさ。たかだか弱小アジアの小国相手に本気でやれるかよっ!」
ってことですかな。

こうなったらジーコジャパンには、なんとしても王者に一泡ふかせてもらいたいが、さてどうなる?
いよいよ明日未明ゴ?ング!
別窓 | [サッカー] ニッポン!ニッポン! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ニッポン!ニッポン!ユーロ王者に完勝!
2005-06-20 04:00
■ 6月19日 フランクフルト 『コンフェデレーション杯 ドイツ2005』
日本 1-0 ギリシャ

完全アウェー状態。「ニッポン!」コールも激しいブーイングでかき消される。
いやぁ、これよこれ!もう最高の雰囲気だね。
普段は希薄な僕のナショナリズム、今日は燃え盛っちゃうよんセニョリータ!
「ガンバレニッポン!」

中略(笑)。

おお?!勝ったよ、勝っちゃったよ!
予行演習大会とはいえ、れっきとしたガチンコの国際大会で欧州王者を破ったよ。
今日はラッキースターに頼らない、純粋な実力勝ちだな。 いいぞ大黒様!ジーコまんせ?!(笑)
いまのギリシャは絶不調だからとか、もうちょっと点取れただろとか、でも予選突破は絶望的なわけじゃんとか、サッカーヲタの皆さんもこの際そーゆー正論は置いといて気持ちよく眠りに就きましょうよ。


追記:
どっひゃぁ?!朝起きたら、メキシコ 1-0 ブラジルだってさ!
こりゃ最終ブラジル戦は大変なことになったぞ。
「ケルンの惨劇」か、それとも……「アトランタの奇跡、再び」…か。



★★★ご機嫌な方、ニッポン劇勝記念にここをクリックしてください(笑)。
別窓 | [サッカー] ニッポン!ニッポン! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大熊ジャパン、よかったのは…
2005-06-19 02:12
■ 6月18日 ケルクラーデ 『ワールドユース オランダ 2005』
日本 1-1 オーストラリア
※ベナンがオランダに負けたため、日本は決勝トーナメント進出

なんかテレビじゃあ「勝てば文句無しで決勝トーナメント行き」ってのを連発して、さも日本が自力オンリーで予選突破できるかのように言ってたけど、2戦を終えてグループ2位のベナン(ここまで勝ち点2)がすでに1位が確定してるオランダ(同勝ち点6)に勝っちゃったら、たとえ日本(同勝ち点1)がオーストラリア(同勝ち点1)を下してもグループ3位で終わっちゃうわけだから、あくまで予選突破は他力本願だろ???

とか思いつつ、今大会3戦目にして初めてちゃんとユースの試合観たんだけど、いや、もう笑うしかないくらいダメじゃん、大熊ジャパン。
いいのか?こんなんで決勝トーナメント出ちゃっても。
それでもあえてよかったところを探すなら…やっぱ、だよな(笑)。

ま、とにかくベスト16おめでとう。モロッコ戦は眠気を吹っ飛ばす試合をお願いしまつ。
別窓 | [サッカー] ニッポン!ニッポン! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やはり完敗、ジーコジャパン
2005-06-17 04:32
■ 6月16日 ハノーバー 『コンフェデレーション杯 ドイツ2005』
メキシコ 2-1 日本

ジーコ曰く「すべての試合で勝ち点3を取りに行く」。
その意気やよし!と言いたいが、どんなに贔屓目に見ても、アジアで四苦八苦するレベルでしかない日本が、予行演習的な大会とはいえ“世界”を相手に互角に渡り合えるとは思えない。
世の中そんなに甘くはないさ。

…と思いながら迎えたコンフェデ杯第一戦。相手のメキシコは体格的にも互角だし、スーパースター不在の日本にしてみれば、ある意味お手本とすべきチームか。

おおっ!なんつーか、やはり試合にスピード感があるなぁ、シロート目にも。
あのアジアでの、眠気を喚起するまったりとした雰囲気とは違うんで観てて面白い。
「なかなかやるじゃん、ニッポン」
スポーツの試合においては、相手の実力が高いとそれに引っ張られるカタチでこちらの動きも自然にレベルアップすることがままあるけど、そんなカンジなのかしら?

でも当然だが、本当に強いヤツってのは、相手のレベルにいちいち左右されたりしないんだよねぇ(苦笑)。
「やるじゃん」も前半30分くらいまでだったかなぁ?
あとはほとんどいいところなく、真の実力どおりメキシコに翻弄されっぱなし。
あたふたとした印象だったメンバーチェンジもかえって形勢悪化を招いただけで、残念ながら 日本最大の武器=ジーコの も輝くことはありませんですた。

この大会、グループBに属する日本。
最悪でも引き分けが必要だったメキシコに負けちゃったんで早くも“終戦”ってムードですな。最後、ブラジル戦があるし。
そのときブラジルが星勘定上、すでに予選突破を確実にしてたらいいけど、もしそういう状況になく、彼らが本気でぶつかってきたら…
『ケルンの惨劇』とかいって後世に語り継がれるほどズタボロにされちゃいそうな“悪寒”がするんだけど、どうでつか?サッカーヲタの皆さん。
別窓 | [サッカー] ニッポン!ニッポン! | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
キマリますた、ドイツ行き
2005-06-09 07:14
■ 6月8日 バンコク 『2006サッカーワールドカップ アジア最終予選』
日本2?0北朝鮮

いやぁ、おめでとう日本!
鈴木が出てた前半があまりに退屈でうっかり爆睡モード突入しちゃうとこだったけど、大黒入ってからなんとか持ち直して一応歓喜の瞬間を味わうことができますたよ。

しかし、ちょっといろんな掲示版とかを覗いて回ったけど、まさに酷評だらけですな、鈴木は。
テレビでもしつこいくらい、「大黒投入で流れが変わった!」を連発してたし。
そんな逆風吹き荒ぶ中で、“FWってのは点をとるだけが仕事ではない”を幹に、「献身的な動きで相手DF陣をかき回している」とか「倒れ方が上手だからPKを誘える」とか「ディフェンスがうまい」とかの我々シロートには理解できない高い次元で鈴木を評価しマジメに擁護してる一部ヲタの方々、そして彼を起用し続けた神様ジーコに僕は敬意を表したい。



なんちゃって。


ウチでとってる新聞(一般紙)で見た、“結果”を出した2人のFWのコメント。
柳沢 「得点しか評価されない。得点が一番大事だと思う」
大黒 「点が取れてよかった。とにかくFWは点を取らないと」

点を取れないのに自分たちより“優遇”され続けてきた鈴木への痛烈な皮肉に聞こえるのは僕だけではあるまい。
別窓 | [サッカー] ニッポン!ニッポン! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
BACK | 新・24 hour VT People | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。